茶の本
本

茶の本

岡倉天心 夏川賀央(現代日本語訳)

1,512円(税込)

176ページ

978-4-8009-1037-0 縦サイズ19.5cm 横サイズ13.5cm

数量:

日本人の美徳を思い出させてくれる一冊

内容紹介

単なる茶道の本だと思って遠ざけている人も多いかもしれない。原題は「The Book Of Tea」、1906(明治9)年に、岡倉天心が外国人に向けて日本文化を紹介するために英語で書いたものだったが、ニューヨークで出版されるや、世界的なベストセラーにもなった。

岡倉天心は幕末に福井の武士として横浜に生まれ、維新後は西洋文化を吸収しながら美術の専門家として名乗りを上げていく。しかし、西洋を深く知るほどにそれと対極にある東洋、そして日本の素晴らしさに気づいていく。その象徴として見たのが茶の世界だった。

本書は同じ「いつか読みたかった日本の名著」シリーズの『武士道』でも分かりやすい翻訳で好評だった夏川氏が訳を手がけているが、原文の格調高さを損なうことなく、中高生にも理解できる日本語に置き換えている。ともすれば、いま日本人が忘れがちな日本人の美徳を思い出させてくれる、必読の一冊。

目次


第1章 茶碗に込めた人間力
第2章 茶の流派
第3章 道教と禅
第4章 茶室
第5章 芸術の鑑賞
第6章 花
第7章 茶人たち


推薦者からのコメント

茶道裏千家大宗匠・前家元(15代)
ユネスコ親善大使
千 玄室氏
日本人の心のふるさとを知るための書。推薦します。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています