親鸞聖人の教え『歎異抄』を書き写す
本

親鸞聖人の教え『歎異抄』を書き写す

金山秋男

1,080円(税込)

9784800910455、縦26cm、横18cm

数量:

染み入る言葉に、心が救われる

内容紹介

「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」の言葉でよく知られる『歎異抄』は、浄土真宗の教祖である親鸞の弟子の唯円が、師の死後、弟子たちの間で師の教えが歪曲されていくことを歎き、改めて親鸞から教えられたことを書き記したものである。『歎異抄』が書かれたのは鎌倉時代の後期のことだが、その後、連綿と読み継がれてきた、日本を代表する仏教書である。

その解説本は数多くあるが、本書は『歎異抄』の原文を書き写す本である。その目的は“字が上手になる”というものではない。

ともすれば読み飛ばしてしまう言葉を「書く」という行為で繋ぎ止め、一つ一つの言葉をじっくり味わい、人生の真理を体得するところに目的がある。その手助けとして現代語訳や解説もつけられているので、手で書き、目で読んで味わうことによって、その教えが心に刻まれていくことだろう。

さらに深く『歎異抄』の世界を知りたくなったならば、本書を監修した金山氏による「いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ 歎異抄」をお勧めする。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

  • 本
    歎異抄

    歎異抄

    金山秋男(現代語訳)

    1,512円(税込)

  • 本
    五輪書

    五輪書

    宮本武蔵城島明彦(現代語訳)

    1,512円(税込)

  • 本
    西郷南洲遺訓

    西郷南洲遺訓

    桑畑正樹(現代語訳)

    1,512円(税込)

  • 本
    武士道

    武士道

    新渡戸稲造夏川賀央(現代語訳)

    1,512円(税込)

  • 本
    学問のすすめ

    学問のすすめ

    福沢諭吉奥野宣之(現代語訳)

    1,512円(税込)