一流になる人の20代はどこが違うのか
本

一流になる人の20代はどこが違うのか

致知編集部

1,512円(税込)

9784800911469

数量:

内容紹介

  月刊『致知』で人気連載中の「20代をどう生きるか」。本書は六年半に及ぶ記事の内容を厳選、若い世代のバイブルとなるべく再編集を施した一冊です。
牛尾治朗氏、北尾吉孝氏、道場六三郎氏、渡部昇一氏といった各界のトップ35名が語る20代の体験や次世代への訓言には、時代や職業のジャンルを超えて通底する人間学のエッセンスが凝縮されています。
きょう一日、

「 朝から晩まで体の続く限り働く。 明日のことは考えない。きょう一日に集中しよう」

鳥羽博道( ドトールコーヒー名誉会長)

「人間の可能性を閉ざしているのは、他人でもなく、外部環境でもなく、 自分の意識である」堀 義人(グロービス経営大学院学長)
「人の二倍働く。 人が三年かかって覚える仕事を一年で身につける」
道場六三郎(銀座ろくさん亭主人)

などなど、各々の金言に加え、各章末には「成功の心得」を記載。トップの問いかけは、自らを省みる指針となることでしょう。 一流になる人の20代はどこが違うのか?
一流と二流の分かれ目はどこにあるのか?
その共通点や自分との違いを考えながら読み進めると、より深い示唆を得られる一書となるはずです。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています