歴史・人物

46 件中 1 件から 30 件を表示しています。
並べ替え
  • 渋沢栄一とフランクリン
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    渋沢栄一とフランクリン

    齋藤 孝

    1,620円(税込)

    渋沢栄一とフランクリン――。
    ともに“資本主義の父"と讃えられる二人の考え方や生き方には、
    共通点が非常に多いと著者は予て感じていたといいます。
    生まれた国も時代も異なる二人の足跡を辿ることで、
    仕事にも人生にも共通する成功哲学を感じ取っていただきたいという思いから、
    本書は生まれました。
    生きる指針となった『論語』と『聖書』、
    勤勉・勤労の哲学、合理的思考、柔軟性などの資質は元より、
    その根本には自国を早く一流国へ育て上げなくてはという凄まじいまでの使命感がありました。
    本書ではそんな二人の叫び声がこだまし合うように連なっており、
    心を強く鼓舞されます。
    また激務を処理する秘訣、人物を見極めるポイントなど、
    具体的な示唆に富む仕事術も学ぶことができます。
    二人の生き方がこれからの日本人の生き方のモデルになってほしいと述べる著者。
    その勇気と発想力に多くの学びがあるはずです。
  • 親子で学びたい二宮金次郎伝
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    親子で学びたい二宮金次郎伝

    三戸岡道夫

    1,512円(税込)

    金次郎は江戸の末期に、六百以上の農村を再建した人物であり、
    森信三師をして、その思想は「二十一世紀を迎えるにあたり、
    日本民族の指導原理として、再び脚光を浴びる」とまで予言したほどです。

    金次郎の生涯を貫き、農村復興事業の教えの中心になったのは
    「勤労――よく働く」
    「分度――身分相応に暮らす」
    「推譲――世のために尽くす」
    であると著者は言っていますが、まさにいまこそ、
    その精神の必要性を納得する人も多いことでしょう。

    本書では、金次郎関係の著書も多数出している著者が金次郎の生涯を追いながら、
    その人生を支えた哲学を、親子でも読めるよう分かりやすく教えてくれています。
    なお、第四章では門人であった福住正兄が
    金次郎の言葉を書き記した『二宮翁夜話』から、
    現代にも通じる話を取り上げ三十五の逸話として解説。
    いっそう金次郎を身近に感じることができるでしょう。

    目次


    第一章 生家の復興――若くして身につけた実践哲学
    第二章 桜町領の復興――自らの家も土地も売り払い復興に賭ける
    第三章 関東一円の復興――成功の鍵は卓抜なアイデアと果敢な行動
    第四章『二宮翁夜話』に学ぶ三十五の教え

  • 子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語

    白駒妃登美

    1,620円(税込)

    「幼い頃から伝記を読んで育ち、
    歴史上の人物をまるで友達のように思ってきた」
    という著者は、その後日本人の美徳に目覚め、
    企業や学校などで年間百五十回を越える歴史講座を行っている。

    本書ではそのうち、各地の学校で伝えてきた逸話の中から、
    子どもたちの心に特に響いた十五の物語を収録。
    中江藤樹、西郷隆盛、島津斉彬、伊能忠敬、
    北里柴三郎、八田與一、宇喜多秀家らの生き方から、
    美しい国柄を守るためにこれだけは
    次代に伝えておきたいと願う逸話を厳選した。

    例えば、長崎で被爆した医師・永井隆博士。
    原爆で妻を失い、自らも白血病に罹り余命を
    宣告されながら傷病者の手当てに当たった姿に
    日本人の優しさと強さを教えられる。

    本書を読むと、いまここに日本があることへの感謝とともに、
    日本人として生まれたことの誇りと喜びを
    しみじみ感じることだろう。生きる力と希望が湧いてくる一冊。

    目次


    Ⅰ 志に生きる
      ……北里柴三郎・永井隆・伊能忠敬・島津斉彬
    Ⅱ 郷土を愛し、家族を愛す
      ……宇喜多秀家・豪姫・立花宗茂・蒲生氏郷・フレッド=イサム和田
    Ⅲ 人種・国境を超えて
      ……八田與一・六士先生・エルトゥールル号遭難事件・ポーランド孤児
    Ⅳ 日本人のこころ
      ……村上天皇・正岡子規・西郷隆盛・中江藤樹
  • 禅の名僧に学ぶ生き方の知恵
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    禅の名僧に学ぶ生き方の知恵

    横田南嶺

    1,944円(税込)

    円覚寺では毎週日曜日に坐禅会が開かれ、
    毎回数百名もの参加者があるが、
    坐禅の後の横田南嶺管長の話を楽しみに参加する人も多い。

    その話は坐禅や仏、名僧の話など様々だが、
    話を聞きながら涙する人も少なくない。

    それほどに人々の心に響く話をされる管長が、
    円覚寺ゆかりの禅僧や深く影響を受けた七人の禅僧について語る。

    登場するのは円覚寺を創建した無学祖元を始め、
    臨済宗の中興の祖・白隠禅師、その白隠を育てた
    正受老人といった禅僧たちだ。

    著者にとって師ともいえる僧たちの、残した言葉や偈(詩)、
    歌などを交えながら、その生涯を紹介していく。

    「学術書ではなく、七人の禅僧の志と願い」を語ったと述べるとおり、
    名僧たちが苦悩し、厳しい修行の末に開悟する姿が描かれる。

    たった一度の人生に、命の炎を燃やし、
    その生を見事に生き切った禅僧たち。
    七人の熱い息吹が文字の向こうに甦ってくるようだ。

    目次


    第一講 無学祖元 ―― 円覚寺の「泣き開山」
    第二講 夢窓疎石 ―― 世界を自分の寺とする
    第三講 正受老人 ―― 正念相続の一生涯
    第四講 白隠慧鶴 ―― いかにして地獄から逃れるか
    第五講 誠拙周樗 ―― 円覚寺中興の祖
    第六講 今北洪川 ―― 至誠の人
    第七講 釈宗演  ── 活達雄偉、明晰俊敏
  • 伝説の小学校教師 平光雄先生3冊セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    伝説の小学校教師 平光雄先生3冊セット

    平光雄

    4,860円(税込)

    以下の3冊には、実践を伴わない空論やただの美談は一切なし。
    教育現場に命を懸けてきたプロ教師の矜持がここにある。

    『子どもたちが目を輝かせて聞く偉人の話』


    大人たちも心を燃え立たせる一冊。

    世界に誇る人物が身近に存在することを知るのは、
    自国への誇りを育むことにも繋がるだろう。
    子どもにも伝わりやすい語り口で書かれた本文が
    魅力的な偉人伝である。

    目次
    第1章 コロンブス・ファーブル
      自分なりの「勇気」と「行動力」をもとう
    第2章 ヘレン・ケラー、塙保己一
     「不足」「不遇」に屈しない
    第3章 エジソン・本田宗一郎
     「失敗が続いてもあきらめない」が成功の鍵
    第4章 ガンジー・田中正造
     「みんなのために」行動すれば大きな力が出る
    第5章 ピカソ・葛飾北斎
      極端にやらなければ上のステージには行けない
    第6章 シュリーマン・伊能忠敬
     「目標達成のために必要なことは全部やろう」

    『子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話』


    理屈を並べるだけでなく、実践的道徳教育が、独創的なイラストとともに
    渾身の語り口で語られる。

    目次
    第1章 真っ直ぐに生きる心を育てる
    第2章 社会で生きるルールを身につける
    第3章 ものごとにいかに取り組むか
    第4章 人間ってなんだろう

    『悩んでいた母親が一瞬で救われた子育ての話』


    小学校教師として32年間、1,000人以上の親と対話を重ねる中で、
    子育てに悩む親たちの目を劇的に開かせた30の逸話を紹介する。

    本書の中で一貫して説かれているのは、
    親が肚を決めること、
    そして少し見方を変えることが肝要だということ。

    子とともに、親もまた成長していくためのヒントに
    溢れた一書と言えるだろう。

    目次
    第1章 しつけのツボを押さえる
    第2章 子どもと一緒に親も成長すべし
    第3章 子育ては時には戦いだ
    第4章 親たる者、右往左往しない
  • 子どもたちが目を輝かせて聞く偉人の話
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    子どもたちが目を輝かせて聞く偉人の話

    平光雄

    1,620円(税込)

    巷に溢れる偉人伝も、伝説の小学校教師にかかれば
    こんなにも面白い――。
    本書は教師歴32年の著者が
    道徳指導の一環として行ってきた偉人伝の中でも、
    特に子どもたちの心に響き、成長の糧となると確信する
    14人の偉人の生き方を紹介したもの。

    「大切なのは、偉人の『才能』と『心構え』をごちゃ混ぜにせず、
     模倣できる心構えの部分に焦点化すること」など、
    人間教育として役立てていくための深い知恵に溢れている。

    注目したいのは、ヘレン・ケラーには塙保己一、
    エジソンには本田宗一郎というように、
    外国の偉人とタイプの似た日本人を合わせて紹介している点。

    世界に誇る人物が身近に存在することを知るのは、
    自国への誇りを育むことにも繋がるだろう。

    様々な逆境を乗り越えた偉人の生き方に
    目を輝かせるのは子供ばかりではない。
    困難な夢に挑まんとする大人の心をも
    熱く燃え立たせてくれることだろう。

    目次


    まえがき
    1.コロンブス・ファーブル
      自分なりの「勇気」と「行動力」をもとう
    2.ヘレン・ケラー、塙保己一
     「不足」「不遇」に屈しない
    3.エジソン・本田宗一郎
     「失敗が続いてもあきらめない」が成功の鍵
    4.ガンジー・田中正造
     「みんなのために」行動すれば大きな力が出る
    5.ピカソ・葛飾北斎
      極端にやらなければ上のステージには行けない
    6.シュリーマン・伊能忠敬
     「目標達成のために必要なことは全部やろう」
  • 日本が世界地図から消滅しないための戦略
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    日本が世界地図から消滅しないための戦略

    月尾嘉男

    1,728円(税込)

    書名を見て、まさかと思う方もおられるかもしれない。
    だがそれは、幼児のような楽観を根底とする
    幻想でしかないと著者は説く。

    現に過去僅か70年で、180以上もの国が消滅しているという。
    本書の内容は、数千年間の歴史において消滅した国家の事例を検討し、
    現在の日本と類似する要素を探ることに始まる。

    「世界一の老人大国・借金大国・高額国家」である
    わが国が直面している危機の深刻さを物語るデータを列挙しながら、
    国民に警鐘を打ち鳴らす。

    著者が強調するのは、アメリカなどの大国が
    「用意周到」な準備の末に覇権を手中にした一方、
    衰退した国家は例外なく用意周到に怠慢だった国家であるという点。
    中国も現在、様々な戦略によって世界の覇権を握ろうといるのは疑いがない。

    確実に進行している人口問題や財政問題、環境問題などに
    わが国がこれらの難題にいかに対処し、
    転換戦略を図るべきかを説く。

    我われは一刻も早く自国の強み・弱みを
    正しく認識する必要があろう。
    日本が安泰であるという観念は幻想にすぎない。
    全国民に覚醒を促す必読の一書。

    目次


    第一部  今、日本が直面している危機
     1・1 歴史は国家興亡の記録
     1・2 カルタゴの歴史の教訓
     1・3 ベネチアの歴史の教訓
     1・4 日本が直面している危機
     1・5 過剰適応の悲劇
     1・6 工業社会で成功した日本
     1・7 成功の頂点で出現した逆転潮流
     1・8 転換できない日本

    第二部  大国には用意周到な準備がある
     2・1 大国の条件は用意周到
     2・2 運河に反映する大国の用意周到
     2・3 北極航路を目指す中国の用意周到
     2・4 日本の経済敗戦の背景

    第三部  今、日本に必要な用意周到な準備
     3・1 人口減少へ対応する
     3・2 魅力を国力とする時代
     3・3 魅力の根源である日本の自然環境
     3・4 魅力の根源である日本の伝統文化
     3・5 東日本大震災が明示した神道の意義
     3・6 世界に発信すべき日本の縮小文化
     3・7 近代日本を発展させた名誉の精神
     3・8 日本が突破すべき特異点
  • 長の十訓
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    長の十訓

    藤尾秀昭

    1,296円(税込)

    国も会社も、そして家庭でさえ、
    「そこにどういう人がいるか」で決まる、と著者は言う。
    人とは“人物”のことである。

    本書は『致知』編集長である著者が、
    毎号心血を注いで紡いできた特集総リードから
    “長としての心得”を十篇選び、収録したもの。
    そこには様々な“長”が登場し、
    リーダーとしての心得を披露している。

    明治政府を預かった者たちがいかにその器量を養ったか、
    稲盛和夫氏や松下幸之助氏の
    「困難に直面するほど却って心が躍る」という心境、
    吉田松陰の場を高めんとする気概、
    孔子の何があろうと前進しようとする気迫などを紹介し、
    第十訓として、何よりも大切なことは、
    その一念を堅持し続けることである、と説く。

    そうした言葉の一つひとつが説得力をもって響くのは、
    三十七年間『致知』の編集長であった著者自身が日々、
    実践してきた教えであるからに他ならない。

    「長」と聞くと、自分とは関係がない、
    別の世界のことだと思われる方があるかもしれない。
    しかし自分の人生は他の誰のものでもない。
    自分の人生の「長」は自分自身である。

    その自覚に立つ時、本書はあなたの人生航路を照らす
    羅針盤となってくれるに違いない。

    目次


    第1章 長たる者の器量
    第2章 壁を越える
    第3章 生気湧出
    第4章 場を高める
    第5章 心を養い生を養う
    第6章 知好楽
    第7章 修身
    第8章 歩歩是道場
    第9章 常に前進
    第10章 長の一念
  • 蓮如の遺した教え
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    蓮如の遺した教え

    大谷暢順

    1,620円(税込)

    戦国時代、生彩を放っていなかった浄土真宗の、
    そのなかでも少数門徒に過ぎなかった本願寺を、
    一代にして大教団に作り上げた蓮如は、本願寺中興の祖と呼ばれている。
    本願寺門跡である著者は、その蓮如の「知れるところを問う」という言葉を
    巡って本書を書き上げた。

    つまり、蓮如は「知らないことを問うのはさほど立派ではないが、
    知っていることについて問うのは有意義だ」と言う。
    東大文学部卒業後、フランスに留学した著者はこの言葉を提げて、
    ジャンヌ-ダルクからデカルト、カミュ、
    さらには釈尊にまで思索を巡らせる。
    そして、蓮如生誕六百年を迎える現代に立ち戻り、慨嘆する。
    「近現代は『知らないところを尋ね続けた』数世紀ではなかったか、
    そしてそれは豊かさをもたらしたかもしれないが、
    同時に自然破壊、憎悪、怨念までも生みはしなかったか」、と。

    そんな現代をいかに生きるべきか、
    本当の豊かさとはなんであるか、
    その答が蓮如の「知れるところを問う」という
    言葉の中にあるのではないかと警鐘を鳴らす一冊だ。


    目次


    一 知れるところを問ふ
    二 佛陀の教化
    三 今の世を問う
  • 吉田松陰『留魂録』
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    吉田松陰『留魂録』

    城島明彦(現代語訳)

    1,512円(税込)

    維新を八年後に控えた一八五九年十月二十五日、松陰は一日半かけて『留魂録』を書き終えた。その翌日、松陰は処刑される。『留魂録』は松陰の遺書ともいえるものとなった。
    その冒頭に置かれた辞世の歌「身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留め置まし大和魂」は、尊王攘夷を掲げ、倒幕を目指しながら志半ばで散った松陰の無念さがにじみ出ている。
    本書は「いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ」の八冊目に当たるが、原文はわずか五千数百字。短くはあるが、そこに込められた思いは深い。その思いを読み解くために、著者は松陰の生い立ちから人となり、志士たちに遺した教えなどをドラマチックにあぶり出していく。
    『留魂録』に松陰が著した「至誠」や「大和魂」といった行動規範は、この国が存在する限り、生き続けていく、と著者は言う。幕末を生きた滾る思いは現代に読む者にも必ずや伝播するだろう。

    目次


     序章 はじめに
    第一部 『真筆・留魂録』 現代語訳
     第一章 『留魂録』 現代語訳
     第二章 原文・平仮名混じり文・注釈
    第二部 吉田松陰の人と思想
     第一章 人間として、師として、その人となり
     第二章 松陰の主義・信条・行動理念・死生観
     第三章 松下村塾と松陰の教育論
     第四章 松陰の人生を左右した三つの大事件
     第五章 『真筆・留魂録』の謎
  • 偉人はかく教える
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    偉人はかく教える

    寺松輝彦

    1,728円(税込)

    企業でキャリアを積んでいけば、部下も増え、責任も重くなる。
    しかし、自分の仕事ができることと、リーダーシップを発揮して決断を下し、
    部下を引っ張っていくこととは似て非なるものである。
    長年、管理者研修の現場で講師を務めてきた著者は
    「特に最近、リーダーシップがとれないという悩みを聞くことが多い」と言う。

     本書では、歴史上の人物がどのようにリーダーシップを発揮してきたか、さまざまなエピソードをもとに語る。
    本能寺で信長が倒れたとの報を聞いたときの秀吉と柴田勝家の決断の差がいかに二人の命運を分けたか。
    なぜ大久保利通のもとに人材が集まったか、パットン将軍の覚悟とは、ナポレオンを一躍英雄にした行動とは……。

     リーダーシップとはいかなるものか、そしてそれを偉人たちはどう発揮していったのか。
    三万人以上の経営幹部を育てた著者が語る偉人たちの逸話は説得力に満ちている。

    目次


    第一部 人格のなかにリーダーシップがある
    第二部 有能な人々を糾合する
    第三部 リーダーシップは、決断と行動に現れる
    第四部 姿と形と振る舞いの神秘力
    第五部 集団の規律を確立する
    第六部 人間味で相手の心を引き寄せる
  • 現代に生きる「二宮翁夜話」
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    現代に生きる「二宮翁夜話」

    中桐万里子

    1,512円(税込)

    600以上の荒廃した農村を復興させた二宮金次郎。その弟子の一人が、金次郎から受けた教えを書き残したのが『二宮翁夜話』だ。本書は、金次郎七代目の子孫が、おじいちゃんと触れ合うように読み親しんできた『二宮翁夜話』の300近い話から40話を取り上げ、解説する。

    例えばこんな言葉を取り上げる。

    「生れ付馬鹿なりとも、馬鹿なる事をさへ、せざれば、馬鹿にはあらず、智者たりとも、馬鹿なる事をすれば、馬鹿なるべし」

    著者はこの言葉に「不器用な愛情表現」を感じるとともに、「挨拶すること、約束を守ること……そうした行動がわたしをつくっていく」とおじいちゃんに諭されるように納得する。

    『二宮翁夜話』から深遠なる哲学や真理を見いだす人も多いだろう。しかし、子孫である著者は、激しさや厳しさよりはユーモラスな温かさを、偉大な思想よりも日々のちょっとした生き方のコツを汲み上げていく。

    その結果、金次郎が、生きる智恵を優しく示してくれる生身の「おじいちゃん」として、私たちの前に現れてくるのだ。


    目次


    第一章 人も、金も、そして心も使い方次第で活きてくる
    第二章 卑近を知るとき、かならずそこに道は開ける
    第三章 日々への向き合いが、悠々と生きる自分をつくる
    第四章 「我がこと」の捉え方が、眠っていたスイッチをオンにする
    第五章 背後のドラマをみる目が、明日への決断や行動を生む
  • 吉田松陰に学ぶ男の磨き方
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    吉田松陰に学ぶ男の磨き方

    川口雅昭

    1,728円(税込)

    吉田松陰が一族の男子を集めて、「先師」と仰いだ山鹿素行の『武教全書』の勉強会を行った。話は武士とはどうあるべきか、その日常の過ごし方をはじめとして、志、覚悟、敵とは、さらに死とは、といったことにまで及んだが、その講義録が『武教全書講録』として今に伝わる。

    本書は松陰を「我が師」と呼んで憚らない著者が『武教全書講録』を読み解きながら、闘う企業戦士に、家庭で子女教育にあたるよき父兄たる男たちに、武士道精神のなんたるかを伝えるべく、熱く語る。

    松陰は『孟子』の一節を挙げて説く。ある王が「士とは何をか事とする」と孟子に問うたところ、孟子は「仁義のみ」と答えた。
    これを受けて著者は解説する。

    「『仁』は思いやり、慈しむ心。『義』とは人としてのあるべき正しさを感じる心か。『男を磨く』という。それは『仁義』を自得する謂か」

    松陰の講義は155年以上も前だが、その精神は今の日本人の心にも大いに響くだろう。その証拠に本書を前にするとき、端然と座し紐解かざるを得ない、そんな一冊である。

    >>『吉田松陰に学ぶ男の磨き方』の特設ページはこちら


    目次


    壱 武士の行うべきこと
    弐 愚直に道を守る
    参 仁義を自得する
    四 武士としての心得
    伍 志の高さ
    六 覚悟の道とは
    七 武士の志
    八 心中に覚悟をもつ
    九 己の敵は己と知る
    十 武士の家計
    拾壱 男子の覚悟、女子の節義
    拾弐 男の忠孝が女の貞節を育む
    拾参 気力を奮い起こせ

    推薦者からのコメント

    海陽学園 海陽中等教育学校 ハウスマスター統括
    佐藤修一氏
    日本男子の指標となる気迫みなぎる良書であり、極上の指南書である。
    グローバル化・多様化の時代だからこそ、明治の植民地化脅威の中、日本人の魂を奮起させる原動力となった吉田松陰!その仁義ある男の生き方、国家・天下のため今何をすべきかを学ぶべきであろう。
    それは、日本人の歴史・伝統・文化の集大成ともいえる武士道を通じ、精神面での真髄を追求し、浩然の気を養い、究極的に人間力・全人教育面から、日々の「志」「気概」「生き様」を学ぶことだ!

    22歳・安西亜里彩
    大学生の弟の20歳の誕生日祝いに贈りました。松陰が亡くなったのは29歳。同じ20代に突入する前に、また、社会に出る前の学生時代に、この本は絶対に読んでほしい! と思ったんです。試験中にもかかわらず、すぐ読み通してくれたようで、「お姉ちゃん、ありがとう!何回も繰り返し読むわ」と興奮気味に電話がかかってきました。
  • 新釈古事記伝全7巻
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    新釈古事記伝全7巻

    阿部國治,栗山要(編)

    12,960円(税込)

    阿部國治先生の『古事記』に関する著作は、
    敗戦とともに長らく絶版となっていました。

    阿部先生は、教壇で、

    「『古事記』と『万葉集』の解釈については、
     日本中の誰にも引けを取らない自信がある」

    と教え子たちに語ったと言います。
    その遺志を継ぎ、門下の栗山要氏が平成11年より編纂。
    10年もの歳月をかけて私費出版した
    「新釈古事記伝」全7巻を弊社より復刻いたしました。

    「『古事記』の正しい姿を明らかにすることは、
     いつの世においても大切ですが、
     現代の日本においては、殊のほか大切なことであります。

     いわば『古事記』は
     汲んでも汲んでも汲みきれることのない泉のような
    “たましい”の糧なのであります」
                      ――阿部國治氏

    日本最古の史書といわれる『古事記』こそは、
    私たち日本人の叡智と祈りの結晶ともいえる書物。

    この本が一人でも多くの方に
    広まっていくようにと心から願っています。
    ※こちらの商品はセット販売のみのお取り扱いとなります。

    >>『新釈古事記伝全7巻』の特設ページはこちら

    シリーズ一覧


    目次

    第1集 袋背負いの心 <ふくろしよいのこころ>
    第2集 盞結 <うきゆい>
    第3集 少彦名 <すくなさま>
    第4集 受け日 <うけひ>
    第5集 勝佐備 <かちさび>
    第6集 天岩屋戸 <あまのいわやと>
    第7集 八俣遠呂智 <やまたのおろち>

    推薦者からのコメント

    コア・クリエーションズ代表
    大江亞紀香氏
    一年間、仲間たちと阿部國治先生著『新釈古事記伝』全7巻の読書会をしていました。一読し、なんて美しい日本語だろうと思いました。私は国文科でしたが、こんな解釈の『古事記』に出合ったことがありません。単なる直訳ではなく、そこに込められた“行間”を表現してくださっているからでしょう。戦前教育の美しさの一片を見るような、それに触れるような思いがします。毎月の読書会は、私にとって豊饒な、至福のひとときでした。少し前の女性がお嫁に行くときには『源氏物語』全巻を持って行ったといわれるように、あるいは、少し前の家庭には百科事典が置かれていたように、この全7巻は、一家に一式ずつあるといいと思う位の、日本の財産のようなものに思えてなりません。
  • 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと

    髙橋史朗

    1,944円(税込)

    「特攻隊は犬死だった」と高校時代の歴史教師がニヤニヤしながら話した姿が著者を決意させた。
    「日本の歴史を見直し、戦後史を書き換えたい」――その思いは30歳の時に叶う。
    米国で占領期の機密文書が公開されたのである。
    直ちに渡航した著者は、約250万頁にもわたる英文を調査。
    さらに30年を経た一昨年にも追加調査を行い、数々の新事実を発見した。

    本書には「教育勅語」が廃止された理由や日教組誕生秘話、ウォーギルドインフォメーションプログラムの全貌など、戦後史の盲点が詳細に記されている。
    特に興味深いのは、日本文化論として名高い『菊と刀』の存在だ。
    日本人には本性に根差す伝統的軍国主義・侵略主義があるとした同書の誤った認識が占領政策に絶大な影響を与えたというのだ。

    占領から70年近く経ついまも我が国は戦後レジームから抜け出せずにいる。
    その鍵を握るのは本書に示された占領期の真実にある。

    目次


    序 章 敗者を裁いた占領軍の目
    第一章 中国の『菊と刀』ブームの実態と歴史的背景
    第二章 「義眼」の原点にあったルース・ベネディクト『菊と刀』
    第三章 ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
        ──その源流と展開
    第四章 今、日本の子供と親に何が起こっているのか
    第五章 「義眼」からの脱却に向けて──親学の推進と転機
    第六章  「日本再生」への取り組み──「義眼」から脱却するために
    終 章 占領文書二百五十万ページ研究への挑戦と成果
  • 二宮金次郎に学ぶ生き方
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    二宮金次郎に学ぶ生き方

    中桐万里子

    1,620円(税込)

    明治時代、明治天皇に次いで当時の教科書登場回数第二位だった人物がいる。
    薪を背負いながら本を読んでいる姿の銅像で知られる、あの二宮金次郎だ。

    青年期に実家が没落したところから、金次郎の激動の人生が始まる。

    天変地異で閉塞感に覆われた江戸時代末期、一心に田畑に鍬・鍬を入れ家の再興を果たし、のちに指導者として六百余村を蘇らせた実績は群を抜く。

    どんな厳しい環境におかれようとも、一歩踏み出す勇気を持ち続けた金次郎の生き方は、明治期の人々のみならず激動の時代を生きる私たちにとっても大いに手本となるだろう。

    本書は、二宮金次郎七代目子孫が、祖母から折に触れて語られてきた金次郎の実像をもとに語る「二宮金次郎一代記」である。

    講演者としても定評のある著者。
    金次郎に対する語り口は包み込むように優しく温かい。
    面白くて一気に読める、二宮金次郎の生き方入門書が堂々刊行。

    <目次>
    第一章 多くの人に愛され、育てられた金次郎
    第二章 すべてはまず「知る」ことからはじまる
    第三章 金次郎がぶつかった人間関係という壁
    第四章 すべてのものにはプロセス=徳がある
    第五章 報徳とはtake and give
    第六章 「報徳」こそ目の前の現実を豊かにするための秘訣
    第七章 どんなときも一歩を踏み出すことを忘れなかった金次郎
  • 日本は天皇の祈りに守られている
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    日本は天皇の祈りに守られている

    松浦光修

    1,728円(税込)

    伊勢神宮のお膝元、皇學館大学で教鞭を執る著者は、式年遷宮に沸く伊勢の町を肌で感じ、捧げものの意で本書を著した。
    戦後GHQにより日本の教育から抹殺された「神代の物語」。
    ここに描かれた神々の姿には、日本人の人生観、労働観が表れていると言われる。
    失敗や迷いを経て成長していく我が国の神々の姿は日本人のものの考えや見方をそのまま投影していると言える。
    その神々と民を繋ぐ役割を担う天皇は、最高位の神職として日々、神々に祈りを捧げているという。
    「天皇たるもの朝から夜まで、神を敬うことを怠けてはなりません」との『禁秘抄』の記述からは歴代天皇の祈りの姿が窺え、この祈りにより日本は神武建国以来2670年以上守られてきたと著者は語る。
    天皇の祈りと神々を知ることが、日本人本来の心を理解することに繋がる。
    読むごとに、日本に生まれてきた喜びが湧いてくる1冊。

    <目次>
    第一章 永遠の今――伊勢の式年遷宮
    第二章 天皇陛下、万世一系の〝祈り〟
    第三章 「神代の物語」の〝忘却〟と、その〝あらすじ〟
    第四章 「神話」ではなく、「神代の物語」
    第五章 「神代の物語」は、「つくり話」ではない
    第六章 「神代の物語」に秘められている日本人の〝心のかたち〟
    第七章 「神の代」と「人の代」がつづく〝世界に一つだけの国〟
  • 明治憲法の真実
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    明治憲法の真実

    伊藤哲夫

    1,512円(税込)

    安倍政権のもと、日本国憲法改正へ向けた動きが加速している。
    改正手続きに関する条項の他、個別条項についての検討が今後さらに進むことが予想される。
    日本国憲法を語る時、その比較対象としてよく挙げられるのが明治憲法(大日本帝国憲法)だろう。
    もっとも、その多くは現行憲法が唱える価値観に重きを置き、明治憲法を貶めようとする意図が見え隠れすると、著者の伊藤哲夫氏は指摘する。
    果たして、明治憲法は世間でいわれるほど本当にひどい憲法だったのか――。
    これが著者の最も訴えたかったというテーマだ。
    本書は、近代国家建設の大事業の一環となった明治憲法の制定に至る壮大なドラマを、その歴史的背景を踏まえつつ綴っていく。
    その立役者には、直接議論に立ち入ることはなくとも、すべての審議にご参加され、議論の行く先を真摯に見つめ続けられた明治天皇をはじめ、「教育勅語」制定にも大きく貢献した井上毅、岩倉具視、伊藤博文の名が連なる。
    特に井上は憲法の根幹となる日本の歴史や伝統に思いを馳せ、『古事記』『日本書記』に遡って学びを深める中で、最も相応しい表現に心血を注ぐ。
    その姿勢からは、我が国の歴史や伝統に関する記述を一切欠く現行憲法では見過ごされがちな、憲法問題の本質が見えてくる。
    明治維新を成し遂げた先人たちが織り成す迫真のドラマから、日本国憲法改正へ向け、私たちが忘れてはいけない大切な視点を養いたい。

    目次


    序章 明治憲法最後の日
    第一章 五箇条の御誓文から始まった明治憲法
    第二章 いかなる憲法をつくるか
    第三章 明治憲法成立
    最終章 日本国憲法を考える
  • 儒者
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    儒者

    疋田啓佑

    1,728円(税込)

    儒者とは、孔子に始まる政治・道徳の学である儒学を修めた人々を言う。
    「近世儒学の祖」と謳われた藤原惺窩や林羅山を口切りに、江戸時代を通じて多くの人材が輩出されている。
    本書は好評連載「儒者たちの系譜」に登場した人物のうち、山崎闇斎、荻生徂徠など江戸初期から幕末まで活躍した日本の代表的儒者20人を選び出し、時代順に紹介。
    通して読むことで、近世儒学の思想の流れを掴むことができる。
    儒者たちによって培われた思想は、明治維新後の日本を形成しただけでなく、敗戦後の復興の際にも、日本人の精神の根底の支えになったといわれている。
    儒学を志すに至った経緯や学んだ過程、その後の経歴などは各人様々だが、生来の才覚に加え、生涯学問の努力を怠らなかった点で全員が共通している。
    本書から先人たちの学問を学ぶ姿勢や彼らの残した思想を学び、生かしたい。

    目次


    藤原惺窩
    林羅山
    中江藤樹
    熊澤蕃山
    山崎闇斎
    木下順庵
    山鹿素行
    安東省菴
    伊藤仁斎
    貝原益軒
    佐藤直方
    荻生徂徠
    浅見絅斎
    新井白石
    三輪執齋
    佐藤一斎
    大塩中斎
    山田方谷
    春日潜菴
    吉田松陰
  • 吉田松陰 四字熟語遺訓
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    吉田松陰 四字熟語遺訓

    川口雅昭

    1,620円(税込)

    1859年、安政の大獄で享年30(満29歳)という短い生涯を閉じた吉田松陰。
    その松陰研究に40年以上情熱を傾けてきた著者が今回着目したのは、松陰の四字熟語だ。
    本書には松陰が残した膨大な著作や資料の中から厳選された100の四字熟語に加えて、その訳と時代背景を踏まえた丁寧な解説が付されている。
    「鬱然藹然」「枕戈横槊」「疾風勁草」などからは、諫死・諫言できる武士を理想として学問に励み続けた自己に厳しい松陰の姿が浮かぶ。
    その一方で、「誠朴忠実」「真心実意」「敦篤朴実」からは青年らしい純情さや、友人への温かい思いやりの心が伝わってくる。
    松陰が綴る四字熟語に心揺さぶられたという著者は、その凝縮された「四文字の教え」が混迷にある日本の再生に繋がればとの願いを込める。
    「刻苦勉励」せよとの心を鼓舞する松陰の叱咤を背に、その気高い精神を学び取りたい。

    <目次>
    刻苦勉励
    憂勤惕励
    直諫言
    疎宕質朴
    善法良術
    尋思推究
    兀然端座
    正大的実
    周悉備
    簡奥幽深、他
  • 子供に読み聞かせたい日本人の物語
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    子供に読み聞かせたい日本人の物語

    占部賢志

    1,728円(税込)

    師と仰いだ小林秀雄から歴史を学ぶことへの深い気づきを授けられ、一教師として深遠なる日本史の世界に身を投じてこられた著者・占部賢志氏。
    その歩みは、埋もれた歴史の断片を掘り起こし繋ぎ合わせることの繰り返しで、数多の感動的な史実を浮かび上がらせてきた。
    本書は約4年にわたり本誌に掲載された好評連載「語り継ぎたい美しい日本人の物語」の中から、心揺さぶる25の感動実話を収録。
    「家族のきずな」「我が師の恩」「使命に生きる」などテーマごとに鏤められた物語からは、連綿と受け継がれてきた日本人の心の原点が見えてくる。
    この宝物のような我が国の歴史を、未来の日本を担う子供たちの心に届けたい、そんな著者の溢れんばかりの熱意が本書に温もりを添える。
    一隅を照らし、生を全うした先人たちの美しき命の輝きを、後々の世まで語り継ぎたい。

    <目次>
    第一章 日本人のこころ
    第二章 使命に生きる
    第三章 家族のきずな
    第四章 我が師の恩
    第五章 国を守る
  • 水戸光圀
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    水戸光圀

    童門冬二

    1,620円(税込)

    長年、テレビの時代劇で人気を博し、勧善懲悪の象徴として一世を風靡した「水戸黄門」。
    お供を引き連れての全国漫遊こそ史実とは異なるものの、弱きを助け強きをくじく黄門様の姿は、本書で描かれているように、儒学を重んじ仁政を旨とした水戸光圀の生涯と深いところで符合している。
    本書は、『致知』で連載していた「儒の人・水戸光圀」を書籍化したもので、各章の冒頭にはポイントとなる事柄を取り上げたコラムが加えられている。
    茶の間を賑わせた黄門様とは違った、新たな水戸光圀像に迫る著者の筆致は、派手さはなくとも慈愛に満ちた光圀が歴史に刻み込んだ功績を、次々と浮かび上がらせている。
    『大日本史』編纂という大事業を立ち上げ、遠く歴史の彼方に思いを馳せる一方で、儒学を通じて自己を磨き続けた天下の副将軍の生涯は、英雄譚にも勝るとも劣らぬ生き方の手本となるだろう。

    <目次>
    第一話 若き光圀を変えた一冊の本
    第二話 志学と而立によって生まれた『大日本史』
    第三話 藩政の基本は儒教とする
    第四話 仁政の手はじめは水道の敷設
    第五話 朱舜水を招く
    第六話 国益増進も儒教の心で
    第七話 国防のさきがけに
    第八話 ウナギを食うか、その串を削るか
    第九話 扶弱抑強の仁政
    第十話 人倫の大義
    第十一話 二代にわたる将軍名分論
    第十二話 生類哀れみの令はなぜ発布されたのか
    第十三話 黄門様昇任の実相とは
    第十四話 隠居とは“やりたいこと”への出発点
    第十五話 生前に自分の墓碑名を刻む
  • 賢国への道
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    賢国への道

    中西輝政

    1,620円(税込)

    民主党の歴史的敗北を経て誕生した第2次安倍政権への期待が高まっている。
    しかし、日本の現状を鑑みると、深刻な財政問題、尖閣諸島をはじめとした外交・安全保障問題、そしてリーダーシップを欠いた日本の政治という「3大危機」に翻弄されていることに変わりはない。
    本書では、世界各国で新たな指導者が顔を揃えた激動の2012年を総括するとともに、直面する3大危機を踏まえ、日本が進むべき針路を探る。
    読者をリードするのは国際政治学に精通する中西輝政氏。
    その透徹した洞察力と圧倒的な情報量を武器に、昨今の世界情勢から読み取れる事象を次々と俎上に載せ、その本質を抉り出す様は、あたかもプロの包丁捌きのごとく小気味がよい。
    偏向報道が横行し日本のマスコミが本来の役割を果たせていないいま、世界をリードしうる力を秘めた日本の姿を描き出した本書がその担い手となる。

    <目次>
    第一章 絶体絶命の危機の時代
    第二章 日本が直面している三大危機 
        第一の危機 経済財政問題をどう解決するか
    第三章 日本が直面する第二の危機
        外交・安全保障問題を解くカギを探す
    第四章 各国リーダーの変化と日本の立場
    第五章 日本が直面する第三の危機
        政治のリーダーシップをいかに構築するか
    第六章 多極化する世界で生き残るためにすべきこと
  • 望郷
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    望郷

    蜂谷彌三郎

    1,620円(税込)

    51年――読者の皆さんは、この歳月をどのように受け止められるであろうか。
    著者である蜂谷彌三郎氏は、終戦直後に身に覚えのないスパイ容疑を受け、極寒のシベリアへ抑留。
    再び祖国の地を踏み、愛する妻子と奇跡の再会を果たした時、既に51年もの歳月が流れていた。
    熾烈な拷問、苛酷な強制労働。
    同じ境遇にある者が次々と落命していく中、身悶えするほどの望郷の念を抱きつつ生き抜いた男の51年は、平和な時代を生きるいまの私たちの想像を遙かに超えている。
    そして極限を生きる男を支え続けた日本とロシア、二人の女性の愛の大きさには涙を禁じ得ない。
    抑留中、日本人であることを忘れぬため、涙を流しながら日本の詩歌を歌い続けた著者。
    その目にいまの日本はどう映っているだろう。
    本書に込められた渾身のメッセージ、その一字一句を魂に刻みつつ読んでいただきたい。

    目次


    プロローグ――すべてはこうして始まった
    第一章 私の原点 母への誓い
    第二章 運命の激流 スパイの汚名を着せられて
    第三章 望郷の思い シベリアおろしの夜は更けて
    第四章 クラウディア 深い愛に支えられて
    第五章 帰国 愛する祖国へ
  • 日本の偉人100人(下)
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    日本の偉人100人(下)

    寺子屋モデル(編著)

    1,944円(税込)

    日本人なら知っておきたい日本の偉人100人を紹介した伝記が上下巻セットで誕生した。
    きっかけは20年ほど前、海外勤務から帰国した著者(寺子屋モデル代表)の目に飛び込んできた子供たちの冴えない表情だったという。
    さらに日本の子供たちの自己肯定感・自尊感情が世界で低いことを知る。
    著者は日本の将来への危機感を抱くとともに、子供たちの「生き方の手本」ともいえる「偉人伝」の存在が失われつつあることに着目。
    以来、「偉人伝」から生き方を学ぶ「寺子屋」事業に従事してきた。
    本書はその中でも、世のため人のために行動し、国柄を重視して生きた100人を厳選。
    驚異的な努力によって世界的名声を得た医者、野口英世や、ヘレン・ケラーがお手本にした失明の大学者、塙保己一など、収録された偉人たちは有名無名を問わない。
    上巻は昭和から明治の偉人について、下巻は幕末から古代の偉人について語られ、日本の長い歴史を遡っていくように読み進めることができる。
    彼らの卓越した人間力、行動力から多くを学べる上、読むほどに「日本の偉人」は海外でも称賛されてきた事実を知ることができ、自国に対する誇りに目覚めていく手助けとなる。
    さらに偉人に関する名言を集めた「偉人たちをしのぶ言葉」も収録。
    彼らの生きた時代の息吹や、思いに触れることができ、興味深い。
    各家庭に1セット、偉人の生き方を通じて、親子で人生を考えるテキストとしてもお役立ていただきたい。

    <目次>
    第三章 維新を起こす
    第四章 江戸に咲く
    第五章 時代を動かす
    第六章 国礎を築く
  • 日本の偉人100人(上)
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    日本の偉人100人(上)

    寺子屋モデル

    1,944円(税込)

    日本人なら知っておきたい日本の偉人100人を紹介した伝記が上下巻セットで誕生した。
    きっかけは20年ほど前、海外勤務から帰国した著者(寺子屋モデル代表)の目に飛び込んできた子供たちの冴えない表情だったという。
    さらに日本の子供たちの自己肯定感・自尊感情が世界で低いことを知る。
    著者は日本の将来への危機感を抱くとともに、子供たちの「生き方の手本」ともいえる「偉人伝」の存在が失われつつあることに着目。
    以来、「偉人伝」から生き方を学ぶ「寺子屋」事業に従事してきた。
    本書はその中でも、世のため人のために行動し、国柄を重視して生きた100人を厳選。
    驚異的な努力によって世界的名声を得た医者、野口英世や、ヘレン・ケラーがお手本にした失明の大学者、塙保己一など、収録された偉人たちは有名無名を問わない。
    上巻は昭和から明治の偉人について、下巻は幕末から古代の偉人について語られ、日本の長い歴史を遡っていくように読み進めることができる。
    彼らの卓越した人間力、行動力から多くを学べる上、読むほどに「日本の偉人」は海外でも称賛されてきた事実を知ることができ、自国に対する誇りに目覚めていく手助けとなる。
    さらに偉人に関する名言を集めた「偉人たちをしのぶ言葉」も収録。
    彼らの生きた時代の息吹や、思いに触れることができ、興味深い。
    各家庭に1セット、偉人の生き方を通じて、親子で人生を考えるテキストとしてもお役立ていただきたい。

    <目次>
    第一章 昭和に生きる
    第二章 明治を開く
  • 孔子の人間学
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    孔子の人間学

    藤尾秀昭(監修)

    1,028円(税込)

    『人間学入門』に続く別冊『致知』の第2弾となる『孔子の人間学』がこのほど出版された。
    本書は孔子入門の決定版ともいうべき1冊である。
    漢学者の故・白川静氏と渡部昇一氏の貴重な対談や孔家第79代子孫・孔垂長氏の特別インタビューのほか、キヤノン電子社長・酒巻久氏の記事や弊社社長による「経営に活かす『論語』」など、様々な角度から孔子の教えと人物像に迫っている。
    どれも『論語』にまつわる興味深い内容だが、ここでは伊與田覺氏と荒井桂氏の対談について触れたい。
    両氏は『論語』が初めて日本に入ってきた時、仏教やキリスト教とは異なり、何の抵抗もなく受け入れられたのは、『論語』と日本人の国民性、メンタリティが見事に合致していたからであり、それが江戸期の寺子屋教育に繋がり、明治期の教育勅語へと繋がっていったと指摘。
    『論語』が日本人にとっていかに重要なものであるかを説いている。
    また、「『致知』読者が選ぶ『論語』の言葉」や孔子の生涯を記した年表など、儒学にこれまで触れたことのない人の手引き書としても充実している。
    道徳の乱れが叫ばれているいまこそ、日本に深い関わりのある孔子の教えを改めて学び直したい。
    本書を通じ、2000年以上もの風雪に耐えた不変の真理の一端に触れ、各々の道を切り拓く糧としていただきたい。

    <目次>
    孔子伝 孔子の歩いた道
    女子も『論語』が面白い
    孔家に生まれた私の使命
    孔子と私
    子供たちの生き方を変える『論語』
    『論語』の読み方彼我の違い
    人間・孔子と話す
    人は何のために学ぶのか
    『論語』を楽しむ 孔子に学ぶ
  • 日本を創った男たち
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    日本を創った男たち

    北康利

    1,944円(税込)

    本誌連載で好評を博した「日本を創った男たち」がこのたび加筆され1冊の本となった。
    渋沢栄一から松下幸之助まで、幕末から昭和にかけて活躍した12名の実業家たち。
    その偉大な実績は、いずれも「日本を創った男たち」の表題に相応しいものばかりである。
    そしてその実績は、想像を絶する試練を乗り越えて成し遂げられた。
    例えば、シャープの早川徳次氏は、継母の激しい虐待の中で育ち、7歳で丁稚に出された。
    独立し事業に成功するも関東大震災で全財産と妻子を失ってしまう。
    氏はそこから再起して、現在のシャープの礎を創り上げていった。
    我が国にはこんなにも素晴らしい先人がいたのか、と日本人に生まれてきたことへの自信と誇りが湧いてくる。

    <目次>
    1 渋沢栄一  士魂商才の人
    2 前島密  “郵便の父”に学ぶ“自分がやらねば”という熱い心
    3 岩崎弥太郎 天下の事業はこの手腕にあり!
    4 安田善次郎 陰徳の人
    5 浅野総一郎“九転び十起き”の男
    6 大倉喜八郎 天才的商才と度胸の人
    7 田中久重  万般の機械考案の依頼に応ず
    8 早矢仕有的 丸善創始者にしてハヤシライスの生みの親
    9 鮎川義介  新興財閥の雄
    10 小林一三  夢と信念の経営者
    11 早川徳次  独創こそわが命
    12 松下幸之助 わが国が誇る至高の経営者
  • 教育勅語の真実
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    教育勅語の真実

    伊藤哲夫

    1,512円(税込)

    近代的発展の幕開けたる明治初期。
    光り輝く一面の陰で、西洋文明が一気に流入したことによって、
    伝統的価値観や倫理観が喪失される恐れがあった。
    その危機を救うためにつくられたのが、「教育勅語」である。

    作成の中核を担ったのは、明治天皇の御心を汲んだ、
    官僚井上毅と天皇の側近元田永孚。
    政治色や宗教色を排し、上からの押しつけではなく、
    古来「徳」によって統治してきた天皇にふさわしい言葉は何か。
    道徳教育を立て直すため、心血を注いだ作業が進行した。

    本書は、このような誕生における感動実話を中心に、
    教育勅語の果たした役割や現代的な意義など、
    礼賛でも批判でもなく、教育勅語の本当の姿を明らかにする、画期的な内容となっている。

    今回の大震災に見られたような日本人の美徳の源ともいえる
    教育勅語の精神にふれることで、日本人としてのよきDNAが目覚めてくるに違いない。

    目次


    はじめに
    第一章 なぜ「教育勅語」が求められたのか
    第二章 井上毅という人物
    第三章 こうして「教育勅語」案は起草された――その誕生物語――
    第四章 「教育勅語」が果たした役割
    第五章 現代日本人にとっての「教育勅語」
  • 楠木正成
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    楠木正成

    童門冬二

    1,620円(税込)

    「忠臣の鑑」「日本人の鑑」と讃えられる楠木正成。
    その生き様が鮮やかに記された本誌好評連載「小説・楠木正成」が、
    加筆され1冊の本になった。

    鎌倉幕府滅亡から南北朝の動乱期、大多数の人間が利益や保身にとらわれる中、
    無私無欲で後醍醐天皇に命懸けの忠義を尽くした名将。

    本作品で著者の童門氏は、「日本の根の改善や補強」という
    大業に取り組んだ楠木正成の“誠実な生きかた”を描出したという。

    僅か500の手勢で天下を動かしたにもかかわらず、
    時代の流れに逆らうことはできず、殉節。

    いかなる試練に見舞われるとも、誠を貫き通した壮絶な生涯は、
    歴史に名を刻み、幕末の勤皇の志士たちにも多大な影響を及ぼした。

    いまなお、「大楠公」と慕う人は後を絶たない。
    人生観が乱れがちな現代だからこそ、
    「日本人の美しい心」を呼び覚ましてくれる楠木正成に学ぶ意義は大きい。

    目次


    一、民衆の目線で生きる
    二、米価調整にのり出す
    三、人間天皇
    四、菊水の旗ひるがえる
    五、義を貫く
    六、海の怪物名和長年
    七、新政をゆるがす者
    八、京童たちが体感したもの
    九、正成に好感をもつ尊氏
    十、怪鳥の声は民の声
    十一、義貞はウサギ尊氏はカメ
    十二、複雑な身分意識
    十三、北畠家のナイーブな公家魂
    十四、尊氏抱き込みを建言
    十五、ああ忠臣湊川に死す
46 件中 1 件から 30 件を表示しています。
並べ替え