美点凝視の経営
本

美点凝視の経営

渡邉幸義

1,620円(税込)

248ページ 縦サイズ20cm

978-4884749750

数量:

障がい者雇用の明日をひらくヒント

内容紹介

著者が代表を務めるアイエスエフネットグループは10年以上にわたり、知的障碍者、引きこもり、メンタル不全などの若者たちの雇用に力を注いできた。
全社員2000名のうち800名近くがそうした就労困難者でありながら、同社は成長を続けている。
逆に就労困難者の存在が社員の結束を強め、会社の成長を支えていると氏は言う。
本書には、同社の多岐にわたる障碍者雇用の実践とともに障碍者とその両親、企業の3者が幸せに働くための秘訣が記されている。
いま、全国に300万人以上存在する引きこもりの雇用をはじめ、メンタル不全の従業員のマネジメントなど、企業が取り組むべき課題は多い。
さらに来春の法改正で障碍者の法定雇用率が上がるなど、本格的に障碍者雇用を求められる時代となる。
美点凝視と適材適所による個性を活かした究極の経営の書として、ご活用いただきたい。

<目次>
プロローグ
第一章 障がいは“個性”
第二章 障がい者雇用の現実
第三章 障がい者雇用実現のために
第四章 障がい者雇用は会社と親の二人三脚
第五章 障がい者たちからもらったプレゼント
第六章 雇用を創ることこそ私の使命
第七章 新しい働き方を創っていく
第八章 私の夢
エピローグ――再び「一人一秒のプレゼント」