男の風格をつくる論語
本

男の風格をつくる論語

伊與田覺

1,944円(税込)

9784800910707、縦19cm、横13cm、224ページ

数量:

7歳から99歳まで毎日『論語』に学び続けた著者が語る 

内容紹介

「7歳から99歳に至るまで、
米の飯や味噌汁と同じく日々『論語』に親しんで
倦むことありませんでした」という伊輿田覺氏が、
昨年行った『論語』のセミナーをベースに、
一冊にまとめたのが本書である。

実に92年、毎日『論語』とともにあった氏の話は、
孔子と弟子たちとの交流を語れば、
2500年前の孔子がすぐ身近な人物のように動き出す。

同じ語り口で、氏と関わりのある
孔子の子孫たちとの深交も語られる。

もちろん章句の説明もあるが、
『論語』を我が血と肉にしてきた氏の口を通った言葉は、
たとえ短い言葉の説明であっても深く、重く心に沁みこんでくる。

2015年、伊輿田氏は百歳を迎える。
その氏が「生ある限り、一日一日、
少しずつでも人間的に成長するように歩んでいきたい」と語る。

まさに、四十、五十は洟垂れ小僧、
まだまだ勉強を続けなくてはならないとの思いが強くなる一冊である。


目次

第一講 孔子の人間的魅力をつくったもの
第二講 孔子の心を伝える者たち ――顔淵と曾子
第三講 情理によって結ばれた師弟の絆
第四講 窮地に立ってわかる人間の真価
第五講 孔子の求めたものを求める

この商品を買った人は、こんな商品も買っています