女子の武士道
本

女子の武士道

石川真理子

1,512円(税込)

発売日:2014年 11月 04日

9784800910486、縦19cm、横13cm 272ページ

数量:

武士の娘だった「祖母の言葉55」

内容紹介


 明治22年に生まれた著者の祖母は、厳格な武家の娘としての躾を受けた。
著者は明治大正昭和の時代をたくましく生きた祖母と12歳までともに暮らしたが、
後年、祖母の生き方、その言葉を思い出すにつけ、戦後日本人の女性が忘れてしまった
「人としての心得」「女性としてのあり方」が散りばめられていることを知った。
それこそが武家の女性の矜持そのもの、つまり女子の武士道だったと気づいたのだった。

 本書は55の祖母の言葉を挙げながら、女性とは、妻とは、夫婦とはどうあるべきかを語っていく。
「夫を穢すことはおのれを穢すことですよ」「子供には目に見えぬものを与えなされ」
「女子の」とタイトルにあるが、凛とした女性がいてこそ
立派な男、家庭、そして社会があることを納得するだろう。
さらに言えば、女性から見て男子はこうあるべきだと暗に諭される、男子にもまた必読の1冊である。



>>『女子の武士道』の特設ページはこちら

目次


第1章 生きる指針となる武士道「義は人の道なり」
第2章 妻の武士道「愛ある者は勇敢である」
第3章 母の武士道「克己心こそ教育の根幹」
第4章 働く女性の武士道「徳は本なり、財は末なり」
第5章 己に克つための武士道「心を平静に保つ」

この商品を買った人は、こんな商品も買っています