子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語
本

子どもの心に光を灯す日本の偉人の物語

白駒妃登美

1,620円(税込)

256ページ 縦19cm、横13cm

978-4-8009-1082-0

数量:

歴史を学ぶと、希望が生まれる。

内容紹介

「幼い頃から伝記を読んで育ち、
歴史上の人物をまるで友達のように思ってきた」
という著者は、その後日本人の美徳に目覚め、
企業や学校などで年間百五十回を越える歴史講座を行っている。

本書ではそのうち、各地の学校で伝えてきた逸話の中から、
子どもたちの心に特に響いた十五の物語を収録。
中江藤樹、西郷隆盛、島津斉彬、伊能忠敬、
北里柴三郎、八田與一、宇喜多秀家らの生き方から、
美しい国柄を守るためにこれだけは
次代に伝えておきたいと願う逸話を厳選した。

例えば、長崎で被爆した医師・永井隆博士。
原爆で妻を失い、自らも白血病に罹り余命を
宣告されながら傷病者の手当てに当たった姿に
日本人の優しさと強さを教えられる。

本書を読むと、いまここに日本があることへの感謝とともに、
日本人として生まれたことの誇りと喜びを
しみじみ感じることだろう。生きる力と希望が湧いてくる一冊。

目次


Ⅰ 志に生きる
  ……北里柴三郎・永井隆・伊能忠敬・島津斉彬
Ⅱ 郷土を愛し、家族を愛す
  ……宇喜多秀家・豪姫・立花宗茂・蒲生氏郷・フレッド=イサム和田
Ⅲ 人種・国境を超えて
  ……八田與一・六士先生・エルトゥールル号遭難事件・ポーランド孤児
Ⅳ 日本人のこころ
  ……村上天皇・正岡子規・西郷隆盛・中江藤樹