清、負けたらあかん
本

清、負けたらあかん

川辺清

1,080円(税込)

120ページ 縦サイズ19cm

978-4884743246

数量:

貧乏にも小児マヒにも負けないで強く生きる

内容紹介

本書は、「情熱ホルモン」で知られるマルシングループのオーナー社長、川辺清氏の半生記である。
川辺氏は、3歳の時に患った小児マヒのため不自由な足となり、さまざまな辛酸をなめる。
父は見すぼらしい息子を顧みず、愛人をつくって家に寄りつかない。
「おれは5円玉や。5円玉なら5円玉の輝きをみせたる」
一度は死を望んだ川辺氏は、自分の代わりに汽車にひかれた5円玉を見て、再び生き抜こうと決意する。
これが、後に彼が出世街道をひた走るときの原動力となったのに違いない。
生きるための力が湧きあがる1冊である。

<目次>
母の背中
一人離れて
小豆島へ
いじめの中で
悲しみの島
あんな男には負けん
ジュースの水道
父の死
苦難の日々
鉄路の5円玉
独立
新しい出発
事業家への飛躍
みんな、ありがとう