夢を実現する発想法
本

夢を実現する発想法

山中伸弥 川口淳一郎

1,296円(税込)

136ページ 縦サイズ18cm

978-4884749873

数量:

世界で初めての偉業を成し遂げた二人が語る

内容紹介

現代の日本の頭脳の先頭を行く二人の科学者が夢をいかに実現したかを語る。
一人はノーベル賞を受賞した山中伸弥氏、もう一人は「はやぶさ」のプロジェクトマネージャを務めた川口淳一郎氏。
山中氏は挫折を繰り返しながら外科医から研究医に転身した話を語り、川口氏はいかにして宇宙の仕事に携わったか、その歩みを語る。
「成功の秘訣はVWにある」と山中氏は言い、川口氏は「高い塔を建ててみなければ新しい水平線は見えない」と言う。
コツコツ勉強することも大事だが、同時にビジョンを持たなければ夢は実現しないと、両者は口を揃える。
偉業を成し遂げた二人の言葉だけに説得力がある上に、柔らかな頭脳から生まれる軽やかな考え方や生き方が全編を貫いている。
いま学びのまっただ中にある中高生にもぜひ読んでもらいたい1冊だ。

<目次>
第一章 【若き世代へのメッセージ①】
    未来の扉をひらく鍵 二度の挫折から生まれたノーベル賞
第二章 【はやぶさ×iPS細胞】
    道はこうして拓けた 世紀の偉業を成し得たもの
第三章 【若き世代へのメッセージ②】
    自らの塔を建てよ 「はやぶさ」はなぜ世界初を実現できたか