楽しみながら1分で脳を鍛える速音読
本 人気

楽しみながら1分で脳を鍛える速音読

齋藤孝

1,404円(税込)

9784800911346

数量:

内容紹介

◆本書は、速読と音読を一つにした「速音読」を行うためのテキストブックです。速音読は次のような方におすすめです。
・頭の回転を速くしたい
・記憶力を高めたい
・テキパキ話せるようになりたい
・コミュニケーション能力を上げたい
・気分を爽快にしたい
・集中力を発揮したい

『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』立ち読みページ

『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』動画(公式専用フェイスブック)
◆朝、ほんの数分、速音読をして会社や学校に行くだけで、頭がシャキッとして一日の動きがそれまでとまったく違ってくるはずです。速音読を体験した人からは「周りの人の動きがすごくゆっくり見える」という声も 聞かれます。


◆速音読は決して文学の味わいを損なうものではありません。速く正確に流れよく読むために、頭は必死に内容をつかもうとします。次はどうなるのだろう、次の文章はどういうイントネーションになるのだろうと、脳 がフル回転するのです。

◆速音読のトレーニングを積んでいくと、スムーズに文章が読めるようになります。その結果、テキパキと話せるようになりますし、一時間の速音読でも日本語力が驚くほど上達していきます。私は小学生たちに速音読 を教えていて、その前後で子どもたちの能力が飛躍的にアップするのを何度も見ています。

◆脳トレの第一人者でもある東北大学の川島隆太先生に伺ったところ、同じ音読でも速く読むことで頭の回転速度が上がり、毎日行うことによって脳がつくり替えられるというのです。

【収録作品全リスト】
【1】 「坊っちゃん」1 夏目漱石
【2】 「坊っちゃん」2
【3】 「坊っちゃん」3
【4】 「坊っちゃん」4
【5】 「坊っちゃん」5
【6】 「学問のすすめ」 福沢諭吉
【7】 「鼻」 芥川龍之介
【8】 「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治
【9】 「走れメロス」 太宰治
【10】「ツァラトゥストラ」1 ニーチェ
【11】「ツァラトゥストラ」2
【12】「寿限無」
【13】「罪と罰」 ドストエフスキー
【14】「草枕」 夏目漱石
【15】「般若心経」
【16】「夜明け前」 島崎藤村
【17】「ファウスト」 ゲーテ
【18】「カラマーゾフの兄弟」1 ドストエフスキー
【19】「カラマーゾフの兄弟」2
【20】「うゐろう売り」
【21】「人間失格」 太宰 治
【22】「羅生門」1 芥川龍之介
【23】「羅生門」2 芥川龍之介
【24】「それから」 夏目漱石
【25】「よだかの星」 宮沢賢治
【26】「風と光と二十の私と」 坂口安吾
【27】「駈込み訴え」 太宰治
【28】「ロミオとヂュリエット」 シェイクスピア
【29】「山月記」1 中島敦
【30】「山月記」2
【31】「山月記」3
【32】「永訣の朝」1 宮沢賢治
【33】「永訣の朝」2 宮沢賢治
【34】「告別」 宮沢賢治
【35】「檸檬」1 梶井基次郎
【36】「檸檬」2
【37】「こころ」1 夏目漱石
【38】「こころ」2
【39】「こころ」3
【40】「こころ」4
【41】「ハムレット」 シェイクスピア
【42】「名人伝」 中島敦
【43】「福翁自伝」 福沢諭吉
【44】「平家物語」1
【45】「平家物語」2
【46】「平家物語」3
【47】「氷川清話」 勝海舟
【48】「五重塔」 幸田露伴
【49】「舞姫」 森鴎外
【50】「徒然草」 兼好
【51】「源氏物語」 紫式部
【52】「枕草子」 清少納言
【53】「たけくらべ」 樋口一葉
【54】「古事記」1
【55】「古事記」2