小さな修養論
本

小さな修養論

藤尾秀昭

1,296円(税込)

168ページ 縦サイズ18cm

978-4-8009-1007-3

数量:

修養こそ人生をひらく

内容紹介

『致知』創刊35周年を記念して、昨年1月に完結を迎えた小さな人生論』に次ぐ、新シリーズが刊行されることになりました。

「修養は人間の要。

いま日本に最も必要なのは修養の精神」という著者の思いがタイトルからも強く伝わってくる作品です。

今回まえがきをお寄せくださった鈴木秀子氏は、本書の魅力を次のように説かれている。

「小さなという言葉で始まるこの本は、なんと大きな世界へ、私たちを導いてくれることでしょうか。
時空を超える大宇宙の広がりと、太古の昔から今日までの無数の人々の、計り知れない深い叡知に、私たちの魂を導いてくれることでしょうか」

本書には『致知』2013年9月号までの総リードが記載されていますが、その内容は古今東西の聖賢の学から宇宙物理学の話まで実に幅広いです。

知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめるための修養書として、ご活用いただきたい一冊です。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています