「孟子」一日一言
本

「孟子」一日一言

川口雅昭(編)

1,296円(税込)

232ページ 縦サイズ18cm

978-480091026-4

数量:

吉田松陰が選んだ「孟子」の言葉

内容紹介

黒船への密航を企図して捕らえられた吉田松陰が江戸伝馬町獄の後に収監されたのが、萩の野山獄だった。獄中の身でも学ぶことを忘れなかった松陰が、いつしか始めたのが囚人たちへの『孟子』の講義である。
松陰の『孟子』講義は牢役人までが思わず聞き入り、殺伐とした獄舎を学び舎へと変貌させた。その講義録が『講孟記』である。獄中の松陰が刮目して学んだ『孟子』の言葉とはいかなるものであったか――。
●自ら反みて縮からば、1000万人と雖も吾れ往かん。   (2月7日)
●至誠にして動かざる者は未だ之れあらざるなり。  (5月3日)
43年にわたり松陰一筋に研究を重ねてきた編者ならではの切り口で、『孟子』全篇から厳選された366語に『講孟記』中の松陰の『孟子』解釈が付記された。古今普遍の教えとともに「我れ孟子たらん」と志し生きた松陰の至誠なる魂に触れていただきたい。