常岡一郎一日一言
本

常岡一郎一日一言

常岡一郎

1,234円(税込)

224ページ 縦サイズ18cm

978-4884749996

数量:

心に弾力がうまれる名言箴言366語

内容紹介

常岡一郎氏は青年期に患った結核により大学を中退し、修養生活に入った。
15年に及ぶ闘病の末、2度の大喀血を経て病を克服。
その後、修養団体を設立し、生涯をかけて人の道を説いた。
「勝つ。この勝ち方にもいろいろある。喧嘩でかつ。やせがまんや屁理屈で勝つ。それは勝っても他人が喜ばない。人を苦しめることになる。これでは人の心も天の心も暗くなる。天、人、我、共に喜ぶ。そんな勝ち方は“われに勝つ”ことである」
氏が遺した言葉は月刊誌『致知』でも度々紹介をしてきたが、このたびその名言366語に厳選し、1冊の本としてまとめることとなった。
氏の求道の生涯から生まれた教えは、人生において心の在り方がいかに重要であるかが説かれ、やさしい表現ながらも真理をついて明快である。
一日一言シリーズの17作目となる本書から、覚者たる氏の叡智を得ていただきたい。