女性のための「修身教授録」
本

女性のための「修身教授録」

森信三

1,728円(税込)

288ページ 縦サイズ20cm

978-4884748661

数量:

日本民族再興の鍵を握る日本人女性に贈る

内容紹介

20年以上のロングセラー『修身教授録』。
国民教育の師父・森信三先生の
師範学校の授業が再現された不朽の名著は、
多くの方の座右の書となっている。

姉妹本となる本書は、女子師範学校での授業を収録。
前作同様、人生の真理を深くとらえた森先生の授業テーマは、
「返事」「苦労と人間」「結婚生活の厳しさ」
「大自然の営み」「お金の貸借」「最後の問題」等、
多岐にわたる。

日常生活の基本から人生哲学まで、
どれをとっても一生の支えとなる教えばかりである。

さらに今回は、女性がその良さを真に発揮できるよう、
「女性の運命」「女の子の育て方」
「女性の強さ」等のテーマもある。

森先生ならではの鋭く、かつ深い視点には、
目から鱗の連続である。

生徒の筆記録がもとになっているため、
授業を受けているかのように、ぐんぐんと引き込まれていく。
後世に残したい本物の名著が、新たに1冊誕生したといえる。

目次


1 新年のあいさつ
2 稚心を去る
3 着手点
4 言葉について
5 歩行
6 修養の「場」としての家
7 親を思う心
8 返事
9 姉妹に対して




30 敬意の念
31 お金の貸借
32 一つの美談
33 苦労と人間
34 心の清らかさ
35 報いを求めぬ心
36 母は絶対なり
37 最後の問題