何のために働くのか
本

何のために働くのか

北尾吉孝

1,620円(税込)

248ページ 縦サイズ20cm

978-4884747732

数量:

15万人の人生観を変えた究極の仕事論

内容紹介

人間は得てして楽な道を選ぶものだが、著者は逆の道を選ぶ。
仕事上で何か目標を立てる時は、
普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定する。
「あえて艱難辛苦の道を行く」
それが著者の考え方だ。

この強い精神力の源は何か。
それは、幼少より親しんできた中国古典だという。

『論語』から学んだ
「信(信頼)・義(正義)・仁(思いやり)」という3つの言葉は、
物事の判断基準として、いまでは著者の生き方の根本になっている。

人は「何のために働くのか」。

冒頭に著者は次のような言葉を記している。

「私が『働く』ことに求めてきたのは、そこに生きがいを見つけることでした」

仕事をしている人、これから仕事をするようになる人すべてに送る、出色の仕事論。

目次

第1章 人間は仕事の中で成長する
第2章 古典が教えてくれたこと
第3章 あえて艱難辛苦の道を行く
第4章 誰でも仕事の達人になれる
第5章 天命をまっとうして生きる