速音読シリーズ

2 件中 1 件から 2 件を表示しています。
並べ替え
  • 楽しみながら日本人の教養が身につく速音読
    本                 
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    楽しみながら日本人の教養が身につく速音読

    齋藤孝

    1,404円(税込)

    『楽しみながら日本人の教養が身につく速音読』(特設頁)
    ◆今年1月に発売された齋藤孝先生の『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』。誰もが知っている有名な文学作品を音読し、楽しみながら脳を鍛えることができる脳トレテキストブックとして人気を呼んでおり、続々と増刷を重ねています。

    その『速音読』シリーズに新しい仲間が加わりました。

    今回は「楽しみながら日本人の教養が身につく速音読」という書名のとおり、「日本の伝統文化の中で、これは覚えておいたほうがいい」と齋藤孝先生が考える言葉ばかりをギュッと1冊に集めた、教養を高めるための脳トレブックです。夢中になって音読しているだけで、日本人としての教養がどんどん身についていきます。脳の活性化にはもちろん、子育てや受験勉強にもおすすめです。


    ………………………
    ココがポイント!
    ………………………

    声に出して覚える日本人の教養

    1 受験に役立つ
    2 勉強が楽しくなる
    3 文学の教養が身につく
    4 歴代天皇、歴代首相を網羅
    5 百人一首を全首収録
    6 頭の体操になる
    7 滑舌を良くしたい
    8 テキパキ話せるようになりたい
    9 自信をつけたい
    10 雑談のネタになる


    ………
    目次
    ………

    【1】 二十四節気
    【2】 六曜
    【3】 五行・十干
    【4】 和風月名
    【5】 賀寿
    【6】 いろは歌
    【7】 五十音 (北原白秋)
    【8】 一番はじめは
    【9】 いろはかるた [江戸]
    【10】いろはかるた [京都]
    【11】数の単位1 (大数)
    【12】数の単位2 (小数)
    【13】元号
    【14】徳川家将軍十五代
    【15】歴代首相
    【16】古今和歌集 仮名序 (紀貫之)
    【17】おくのほそ道1 (松尾芭蕉)
    【18】おくのほそ道2 (松尾芭蕉)
    【19】おくのほそ道 全俳句 (松尾芭蕉)
    【20】東海道五十三次
    【21】四規七則(千利休)
    【22】武家の家訓 (「三子教訓状」毛利元就)
    【23】商家の家訓1(近江商人・扇四呉服店の家訓)
    【24】商家の家訓2(近江・五個荘商人 二代目・中村治兵衛ノ家訓)
    【25】財閥の家訓1(住友家家訓)
    【26】財閥の家訓2(岩崎家家訓)
    【27】財閥の家訓3(安田善次郎翁の勤倹貯蓄談)
    【28】実語教
    【29】円周率
    【30】七十二候
    【31】論語「為政第二」
    【32】農民芸術概論綱要 (宮沢賢治)
    【33】独楽吟 (橘曙覧)
    【34】五省
    【35】寿限無
    【36】風が吹けば桶屋が儲かる
    【37】北条政子の演説
    【38】白浪五人男(河竹黙阿弥)
    【39】偶成
    【40】独行道(宮本武蔵)
    【41】葉隠(山本常朝)
    【42】會津藩 什の掟
    【43】歴代天皇
    【44】良寛戒語
    【45】百人一首 (小倉)

    【挑戦してみよう】外郎(ういろう)売りのせりふ
  • 楽しみながら1分で脳を鍛える速音読
    本                 
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    楽しみながら1分で脳を鍛える速音読

    齋藤孝

    1,404円(税込)

    ◆本書は、速読と音読を一つにした「速音読」を行うためのテキストブックです。速音読は次のような方におすすめです。
    ・頭の回転を速くしたい
    ・記憶力を高めたい
    ・テキパキ話せるようになりたい
    ・コミュニケーション能力を上げたい
    ・気分を爽快にしたい
    ・集中力を発揮したい

    『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』立ち読みページ

    『楽しみながら1分で脳を鍛える速音読』動画(公式専用フェイスブック)
    ◆朝、ほんの数分、速音読をして会社や学校に行くだけで、頭がシャキッとして一日の動きがそれまでとまったく違ってくるはずです。速音読を体験した人からは「周りの人の動きがすごくゆっくり見える」という声も 聞かれます。


    ◆速音読は決して文学の味わいを損なうものではありません。速く正確に流れよく読むために、頭は必死に内容をつかもうとします。次はどうなるのだろう、次の文章はどういうイントネーションになるのだろうと、脳 がフル回転するのです。

    ◆速音読のトレーニングを積んでいくと、スムーズに文章が読めるようになります。その結果、テキパキと話せるようになりますし、一時間の速音読でも日本語力が驚くほど上達していきます。私は小学生たちに速音読 を教えていて、その前後で子どもたちの能力が飛躍的にアップするのを何度も見ています。

    ◆脳トレの第一人者でもある東北大学の川島隆太先生に伺ったところ、同じ音読でも速く読むことで頭の回転速度が上がり、毎日行うことによって脳がつくり替えられるというのです。

    【収録作品全リスト】
    【1】 「坊っちゃん」1 夏目漱石
    【2】 「坊っちゃん」2
    【3】 「坊っちゃん」3
    【4】 「坊っちゃん」4
    【5】 「坊っちゃん」5
    【6】 「学問のすすめ」 福沢諭吉
    【7】 「鼻」 芥川龍之介
    【8】 「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治
    【9】 「走れメロス」 太宰治
    【10】「ツァラトゥストラ」1 ニーチェ
    【11】「ツァラトゥストラ」2
    【12】「寿限無」
    【13】「罪と罰」 ドストエフスキー
    【14】「草枕」 夏目漱石
    【15】「般若心経」
    【16】「夜明け前」 島崎藤村
    【17】「ファウスト」 ゲーテ
    【18】「カラマーゾフの兄弟」1 ドストエフスキー
    【19】「カラマーゾフの兄弟」2
    【20】「うゐろう売り」
    【21】「人間失格」 太宰 治
    【22】「羅生門」1 芥川龍之介
    【23】「羅生門」2 芥川龍之介
    【24】「それから」 夏目漱石
    【25】「よだかの星」 宮沢賢治
    【26】「風と光と二十の私と」 坂口安吾
    【27】「駈込み訴え」 太宰治
    【28】「ロミオとヂュリエット」 シェイクスピア
    【29】「山月記」1 中島敦
    【30】「山月記」2
    【31】「山月記」3
    【32】「永訣の朝」1 宮沢賢治
    【33】「永訣の朝」2 宮沢賢治
    【34】「告別」 宮沢賢治
    【35】「檸檬」1 梶井基次郎
    【36】「檸檬」2
    【37】「こころ」1 夏目漱石
    【38】「こころ」2
    【39】「こころ」3
    【40】「こころ」4
    【41】「ハムレット」 シェイクスピア
    【42】「名人伝」 中島敦
    【43】「福翁自伝」 福沢諭吉
    【44】「平家物語」1
    【45】「平家物語」2
    【46】「平家物語」3
    【47】「氷川清話」 勝海舟
    【48】「五重塔」 幸田露伴
    【49】「舞姫」 森鴎外
    【50】「徒然草」 兼好
    【51】「源氏物語」 紫式部
    【52】「枕草子」 清少納言
    【53】「たけくらべ」 樋口一葉
    【54】「古事記」1
    【55】「古事記」2
2 件中 1 件から 2 件を表示しています。
並べ替え