自選 坂村真民詩集
本

自選 坂村真民詩集

坂村真民

1,620円(税込)

9784800911315

数量:

内容紹介

その詩碑は全国700以上にも及んでいる。
これほど多くの人に愛された詩人があっただろうか。
国民詩人・坂村真民氏自らが選んだ珠玉の名詩305篇


「坂村真民氏はわが国現存の詩人の中では、わたくしが一ばん尊敬している詩人である」
国民教育の師父・森信三師がそう評した仏教詩人・坂村真民氏。昭和四十一年に刊行された『自選 坂村真民詩集』は半世紀以上読み継がれてきました。累計十一万部を超えるその詩集が、没後十周年の機に新装版として刊行されました。

本書には、自費限定版の詩集十二冊に加え、未刊の作品から真民氏自らが選んだ名詩三百五篇を収録。
「狭くともいい/一すじであれ(中略)おのれの道を/素直に/一途に/歩け」
「心くるしむ人のために/心きづついた人のために/心からうれしく読んでもらう/一篇の詩を/作り得るようになりたい」
生涯を通して「人は何に命を懸けるか。自分は人々の心に光を灯す詩を書くことに一生を捧げる」との一念を貫き、老年を迎えてもなお、午前零時に起床、詩を書き続ける生活を続けた真民氏。
詩業一筋、祈りを込めて紡がれた詩篇は、心に深く沁み入ります。
昭和四十一年の刊行時、森信三師が打たれた電報の言葉が、いま改めて胸に迫ってきます。
「ホンツイタ コレデニホンガ スクワレル モリ」

この商品を買った人は、こんな商品も買っています