かなしみを あたためあって あるいてゆこう
本

かなしみを あたためあって あるいてゆこう

西澤孝一

1,404円(税込)

9784800911582

数量:



内容紹介

「念ずれば花ひらく」の詩で知られる詩人坂村真民。生涯で残した一万篇以上もの詩は多くの人々の心を勇気づけていますが、本書では三十五篇の詩をやさしく紐解きます。
著者は坂村真民記念館の館長で、晩年の真民の謦咳に接した西澤孝一氏。義父である真民の七百九十六冊にも及ぶ思索ノート(日記)を読み込み、詩作当時の気持ちや時代背景を踏まえつつ、一つひとつの詩に込められた真民の願いを解説します。
 八歳で父親が急逝するなど幼い頃から様々な艱難辛苦に遭った真民。四十二歳で詩の世界に分け入ってからは、目や内臓を患いながらも刻苦勉励し、詩一筋に歩み続けました。

「磨くとは/二度と無い人生を/どう生きるか/それをしっかりさせる/ためであった」

 九十三歳の詩が表わすように、詩と解説を通して「継続する力」と「磨き続ける大切さ」を教えてくれる本書。「人生の応援歌」となる真民詩に出逢うことができるでしょう。

第一章 貧しくとも心はつねに高貴であれ
第二章 小さな花でもいい、自分の花を咲かせよう
第三章 幸せの原点は家族のささやかな幸せにある
第四章 一寸先は闇ではなく、光であることを知ろう
第五章 自分を厳しく鍛え、生涯かけて磨き続ける

この商品を買った人は、こんな商品も買っています