何のために生きるのか
本 ロングセラー

何のために生きるのか

五木寛之 稲盛和夫

1,543円(税込)

272ページ 縦サイズ20cm

978-4884747336

数量:

同年のソウルメイトが語り合う人生の意味

内容紹介

昭和7年生まれの2人が初対面。
その瞬間から、理屈ぬきで親しみを感じ合える〝ソウルメイト〟として、
対話は静かに進んでいった。

年間3万人以上の自殺者を生んでいる「豊かな」日本。
そんな中で、現代人は何を失ってしまったのか。
その真相が、貧しく苦難に満ちていた2人の青少年時代との対比の中に、
また、日本人の精神的バックボーンを形づくってきた仏教思想をたずねる中で
浮き彫りにされていく。

五木氏は、
「いま井戸を掘らなければいけないのは、アフガンの荒野もそうだけれども、
 日本人の渇ききった〝こころ〟にこそ井戸を掘り、
 水分を含んだ〝みずみずしいこころ〟を取り戻す必要がある」
と本書に述べておられる。

作家・五木寛之として歩んできた道と、その出発点となった凄まじいまでの戦争体験。
「他力」という生き方――。

一方で、京セラ創業前夜から今日に至るまでの実業家・稲盛和夫氏が歩んできた道、
仏道修行のことなど、お互いの飾らぬ言葉で、人生の真実が語られていく。

稲盛氏は、
「運命はこころのありようによって変えられる。
 こころが呼ばないものは、決して周囲に現象としてあらわれない。
 それが真理というものではないかと思っています。
 だから、こころをまず美しく変えていくことが大事なのではないかと思うのです」
と述べている。

〝自力か他力か、人生の目的は何か〟
一流の2人が人生の根源的テーマにせまった本格的人生論。

著者リンク:【稲盛和夫 OFFICIAL SITE】

目次

第1章  同時代を歩んだソウルメイトとして
第2章  こころが乾いてしまった日本人
第3章  いま、宗教の力を問い直すとき
第4章  新しい浄土の物語をつくる
第5章  人生の転機から見えてきた「生き方」
第6章  ポジティブとネガティブの出合う場所
第7章  他力の風を受けて生きる