人間を磨く
本

人間を磨く

安岡正篤

1,620円(税込)

264ページ 縦サイズ20cm

978-4884748937

数量:

『師と友』に綴られた心魂の文章が蘇る

内容紹介

安岡正篤師が主宰した全国師友協会の機関誌『師と友』。

本書は、その『師と友』で創刊(昭和24年9月)から
休刊(同59年3月)までの35年間、
安岡師が書き下ろした巻頭言を厳選したものである。

86歳で逝去するまで、まさに心血を注ぎ続けた名文の数々は、
何度読み返しても味わい深いものがある。

「人生を味わう」「人間の根本」「人生を活学する」
「先賢の箴言に学ぶ」「自己を深める」「心に刻みたい金言」と章分けされ、
その時々の安岡師のものの見方、考え方を理解することができる。

安岡師は言う。
「生きた悟り、心に閃く本当の智恵、
あるいは力強い実践力・行動力というようなものは、
長ったらしい文章などによって得られるものではない。
極めて要約された片言隻句によって悟るのであります」

古今東西の先賢の言葉を渉猟し続けた安岡師の
人間学の一つの到達点がここにある。

目次


第一部 自己を深める
 第一章 人生を味わう
 第二章 人間の根本
 第三章 人生を活学する
 第四章 先賢の箴言に学ぶ
 第五章 自己を深める
第二部 人間を磨く
 第六章 心に刻みたい金言―1
 第七章 心に刻みたい金言―2