[新装版]貞観政要
本

[新装版]貞観政要

谷沢永一・渡部昇一

1,320円(税込)

数量:

内容紹介

『貞観政要』とは唐の太宗・李世民と臣下の問答や
議論を集大成した書物。
帝王学の教科書として長く読み継がれてきましたが、
上に立つ者のあり方が深く問われる今、
リーダーが読むべき必読書として熱い注目を集めています。

本書は、2008年に刊行された『上に立つ者の心得』の
新書版として刊行されたもの。
"人間通"として知られた谷沢永一氏、
”知の巨人”として称された渡部昇一氏による対談が
収録されています。

「人材不足を嘆くのは『人探しの能力』がないと言うに等しい」
「すぐれたリーダーは必ず専門家の声に耳を傾けている」
「"悪口を真に受けない"ことは上に立つ者の絶対条件」
「財産利益を深く貪ろうとするがゆえに災厄が訪れる」
など、さまざまな角度から上に立つ者の心得が説かれています。

「信長の悲劇は『貞観政要』を読まなかったこと」
と渡部氏は語ります。
なぜ、本書を読んだ徳川家康や北条政子の政権は繁栄し、
織田信長や豊臣秀吉の政権は短命に終わったのか――。

企業のトップはもちろん、上に仕える者にとっても
必読の一書と言えるでしょう。


この商品を買った人は、こんな商品も買っています