ポケット判で味わう安岡教学名著セット
本

ポケット判で味わう安岡教学名著セット

安岡正篤

3,457円(税込)

数量:

内容紹介

「安岡正篤先生の名前は知っていても、
本はまだ読んだことがない」
「著書が多く、どの本から読めば
よいか分からない……」
といったお声や、お問い合わせを
時々いただくことがあります。
そのような方に、ぜひおすすめしたいのが、
安岡正篤先生のポケット判書籍です。
このたび弊社から新たに発刊される
『百朝集』をはじめ、
気軽に読み始めることのできる
3冊の書籍をセットにいたしました。

『百朝集』(安岡正篤・著)

昭和20年5月の大空襲のために焼け出され、
会館の一室に起居するようになった安岡正篤師。
毎日の朝参の際の10分か20分、
師弟を集め、自らが精神の糧としてきた
古今名賢の箴言をひとつずつ紹介しながら、
独自の解説を加えていき、出来上がったのが
小冊子『終戦前後 百朝集』です。
書名の通り、終戦前後に行われた提唱は、
師弟たちの心に深く染み入り、
その魂を甦らせただけでなく、
戦後の混乱期を生きる多くの日本人を力づけ、
生きる指針を示してきました。
このたび、弊社から発刊される『百朝集』は、
戦後、新たに編まれた『百朝集』を、
ポケット判として送り出すものです。
『菜根譚』『言志四録』、伊達政宗の家訓、
漢書、中江藤樹、佐藤一斎、ゲーテ、吉田松陰……
などの名言・格言が、安岡師ならではの
滋味深い言葉によって紐解かれています。
「この書に収められた一百の詩歌・文章は  
私の内面世界・心の王国の  
名所・旧蹟ともいうべきもの、  
古人の言う心理の風光とか  
胸中の丘壑(きゅうがく)の一部である。  
また私の学問・信仰から抽出した  
成分の一部といってもよい」
と安岡師は言われています。
選び抜かれた古今名賢による100の箴言が、
混迷の日本を照らす、
確かな指針となることでしょう。
表紙は、丈夫なビニールクロス仕様。
繰り返し紐解いていただきたい、
まさに永久保存版、不朽の名著です。

『安岡正篤一日一言』(安岡正篤・著)

心に響く数多くの著作を世に残した碩学・安岡正篤師。
該博な知識に裏打ちされたその叡智はいまなお輝きを放ち、
現代を生きる我々の胸に鋭く迫ってくるものがあります。
本書は、安岡師の膨大な著作の中から金言警句を厳選し抜粋、
366日の日々の指針とすることを目的に編まれたもの。
国のあり方や指導者の資質といった骨太のテーマから、
読書、親子、師友、健康といった身近な話題まで、
多岐にわたる言葉の数々は短くも
味わい深いものがあります。
元旦の「年頭自警」に始まり
大晦日の「一燈照隅、万燈照国」に終わる
珠玉の言葉を噛み締めながら、
安岡師が主唱してきた人としての生き方に思いを寄せ、
自らを省みるよすがとしていただければと
願っています。
安岡正篤入門の書としてもお薦めしたい
代表的ロング&ベストセラーです。

佐藤一斎『重職心得箇条』を読む(安岡正篤・著)

佐藤一斎は、江戸末期の名儒学者であり、名教育者。
『重職心得箇条』は、つまりリーダーについて、
その心得を述べたものです。
本書は『重職心得箇条』に説かれている不易のリーダー論を、
現代のビジネス・リーダー向けにわかりやすく
一条ずつ原文を引きながら解説していった語録です。
一条一条について平易に語られる内容は、
極めて重く、時代を超えて
現代のビジネス・リーダーにとっても大変示唆に富み、
意義深いものがあります。
現代のリーダー必携・必読の書といえるでしょう。

📍 その他・安岡正篤関連本はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています