アニマル浜口さんが愛読する人間学セット
本

アニマル浜口さんが愛読する人間学セット

3,760円(税込)

数量:

内容紹介

定価合計4,180円 ⇒ 特別価格3,760円(10%オフ)

『立命の書「陰しつ録」を読む』
多くの現代人は、善因善果、悪因悪果、因果応報などという
考え方は古いとし捨て去っているようである。
しかし、激動の現代こそ、自己を超えた絶対者の意思を畏れ、
自己の行動を慎む陰隲思想を一層尊重すべきように思う。
本書は、明代の学者袁了凡の著書『陰隲録』を、
安岡正篤師が独自の解釈を加えたものである。
内容は、序章/「陰隲録」を読む意義に始まり、
第1章/立命の学、第2章/謙虚利中、
第3章/積善の要諦、第4章/いかに過悪を改めるか――である。
いかに人生において道徳的規範・行動が大切か。
そしてそのことが人智をも及ばぬ運命をいかに変えていくか。
まさに、本書は、これを読む人に
道徳的勇気を起こさせるものをもっているように思う。

『修身教授録』
「70代のはじめに、この書物で心を洗われた幸せを思う。
奥深い心理が、実に平明に、ていねいに語られていて、
おのずと心にしみてくる。
よほど愛と謙虚さと使命感と責任感がなければ出来ないことだ」
伝記文学の第一人者・故小島直記先生が、
本書に寄稿された「推薦の言葉」の抜粋である。
本書は、在野の哲人・森信三先生が昭和12年から14年までの2年間、
大阪天王寺師範学校本科で行われた講義を編集し刊行したものである。
その根底に一貫して流れるものは、「推薦の言葉」にあるように、
奥深い真理であり、現代人が失いがちな生き方を教えてくれているように思う。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています