編集部セレクション

1 ~ 30 件目を表示しています。(全61件)
並べ替え
  • 危機突破の知恵が湧き出るセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    危機突破の知恵が湧き出るセット

    9,300円(税込)

    定価合計10,340円 ⇒ 特別価格9,300円(10%オフ)

  • ブレない心をつくる禅の教えセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    ブレない心をつくる禅の教えセット

    7,800円(税込)

    定価合計8,690円 ⇒ 特別価格7,800円(10%オフ)

  • 不安と混迷の時代を生き抜くための知恵セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    不安と混迷の時代を生き抜くための知恵セット

    5,400円(税込)

    定価合計6,097円 ⇒ 特別価格5,400円(11%オフ)

  • 二度とない人生をどう生きるか 森信三セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    二度とない人生をどう生きるか 森信三セット

    6,200円(税込)

    定価合計6,930円 ⇒ 特別価格6,200円(10%オフ)

    ※現在増刷中につき、他の商品と一緒に購入することができません。
     個別にご購入ください。
    ※発送は8月下旬を予定しています。

  • リーダーの胆力を養う東洋古典の名著セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    リーダーの胆力を養う東洋古典の名著セット

    4,300円(税込)

    定価合計4,777円 ⇒ 特別価格4,300円(10%オフ)
  • 人物を磨く 安岡正篤人間学セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    人物を磨く 安岡正篤人間学セット

    4,400円(税込)

    定価合計4,887円 ⇒ 特別価格4,400円(10%オフ)
  • いまこそ人間の格をつくるセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    いまこそ人間の格をつくるセット

    3,700円(税込)

    定価合計4,180円 ⇒ 特別価格3,700円(11%オフ)

    2020年5月18日 フジテレビ『関ジャニクロニクルF』にて
    関ジャニ∞の大倉忠義さんと村上信五さんの人生に
    最も影響を与えた本として紹介されました!


    大倉忠義さんご紹介『人間の格』
    経営者を中心に全国から引きも切らず講演の依頼がある
    芳村思風氏による代表的著作『人間の格』。
    深い思索と実人生の中から、芳村氏は人間の本質として感性をつかみ取り、
    「悩みを乗り越える技術」や「教育の最終目標」「自分で自分を教育する」など、
    独自の理論体系を構築されました。
    哲学書と聞くと、難解なイメージを受けてしまいがちですが、
    非常に読みやすく、若い世代の方にもぜひご一読いただきたい一冊です。

    村上信五さんご紹介『いまこそ、感性は力』
    『人間の格』の著者・芳村思風氏と、松岡修造氏などにも影響を与えた行徳哲男氏。
    両氏は「感性力豊かなリーダーが現れれば日本は変わり、
    世界を救う存在にも成り得る」といいます。
    人を感動させ、目標まで率いていく力を持つ、感性力の鋭いリーダーとは。
    感性型リーダーへの手引書であり、新たな時代を切り開くために必要な一書です。

  • 東洋古典の教えに学ぶ戦略と戦術の教科書セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    東洋古典の教えに学ぶ戦略と戦術の教科書セット

    6,700円(税込)

    定価合計7,480円 ⇒ 特別価格6,700円(10%オフ)

    【不安と混迷の時代を生き抜くための人間学フェア 全商品ラインナップはこちら】

    ①『風姿花伝』
    『風姿花伝』は室町時代に能を大成した
    世阿弥が著した能の理論書。

    当初は「秘伝書」として一族の間でだけ
    読まれてきましたが、明治の末に掘り起こされるや、
    現代に至るまで版を重ねるロングセラーとなりました。

    「能の本」がなぜこれほど長く、
    広く読まれてきたか、
    訳者の夏川氏はいくつかの理由を挙げます。

    例えば、座長の立場から
    いかにして役者の力を引き出すかが書かれた
    日本最古の自己啓発書だ、と。
    さらに「ビジネス論」としても読むことができる。
    いかに客を喜ばせるか、そのための心理戦術、
    交渉、マーケティングなど
    ビジネスにとって大切なことが
    すべて語られているといいます。

    我が身に置き換えて読んでみると
    例えば「能を極めるために」と繰り返し語られるが、
    「能」を「仕事」と置き換えると……、
    まるで舞台が暗転するように、
    見事に違った顔を見せてくれることでしょう。


    ①『五輪書』
    60数戦して不敗という
    伝説をもつ剣豪宮本武蔵。
    「二天一流」と命名した
    二刀流の「兵法指南書」として、
    晩年に渾身の思いを込めて書いたのが『五輪書』です。

    『五輪書』は国内だけでなく、
    1970年代にはアメリカでベストセラーになり、
    その後、数か国語に翻訳され、
    海外でも広く読み継がれてきました。
    それは本書が単なる兵法書の枠に
    とどまらないからでしょう。
    武蔵は言います。
    武士はどんな場合でも人より優れ、
    勝たねばならない、と。

    そのための心構え、
    鍛錬法、発想の仕方、
    相手の心理の読み方といったことが
    細かく書かれています。
    そこに書かれた侍の生き方は
    現代の戦士にも通じる、
    ビジネスの書であり、
    人生指南の書ともいえるでしょう。

    ③『日本人の闘い方』
    『闘戦経』はいまから900年以上前、
    平安末期に書かれた日本最古の兵書。

    その兵書を齋藤孝氏が現代社会に置き換え、
    特にビジネスマンが
    いかに戦うかをテーマに語ったのが本書です。
    『闘戦経』が示す日本人の闘い方は
    「ただ勝てばいいというのではなく、
    どのように勝つか、
    さらにどのように生きるかに及ぶ」といいます。

    ではどのように闘うか、
    『孫子』の言う「詭道」ではなく
    正々堂々と闘う、
    それこそが日本人の闘い方である――。
    これをベースに古典や人物を例に挙げながら、
    現代人、特にビジネスパーソンが
    いかに闘っていくべきかを
    わかりやすく解説していきます。
    日本人であるならば
    「心に武を秘めているか」と
    問いかけながら読んでほしい一冊。

    ④『ビジネスリーダーのための老子「道徳経」講義』

    「老子という人はまるで龍の様な人であった」。
    孔子は老子に会った時の感懐を
    こう弟子に語ったといいます。
    いままでの常識では、
    とても捉えられない人だったというのです。
    その老子が、宇宙の根源である「道」に、
    よりよく生きる秘訣を
    問い続けてきた精髄を
    まとめたのが『老子「道徳経」』です。

    この難解な書物を、
    2000社以上の経営幹部が心酔する
    東洋思想研究家が鮮やかに説いてみせます。
    「善く人を用ふる者は下ることを為す」
    (人使いの名人は、
    誰に対してもへりくだって対面する)など、
    その解説は簡にして要を得たもの。
    時に壮大に、時に卑近な例も引きながら
    自由自在に『老子』を説く様は、
    約五十年にわたり『老子』を学んできた
    著者ならではの妙技と言えるでしょう。
    全訳された81の章句に、
    難局を突破する知恵が溢れています。
    ビジネスリーダー必読の一書。

    【不安と混迷の時代を生き抜くための人間学フェア 全商品ラインナップはこちら】

  • いまこそ学びたい経営の原理原則 社長の帝王学セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    いまこそ学びたい経営の原理原則 社長の帝王学セット

    13,600円(税込)

    定価合計15,180円 ⇒ 特別価格13,600円(10%オフ)
  • 成長と変化の法則を学ぶ易経セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    成長と変化の法則を学ぶ易経セット

    4,500円(税込)

    定価合計4,997円 ⇒ 特別価格4,500円(10%オフ)

    ※現在増刷中につき、他の商品と一緒に購入することができません。
     個別にご購入ください。
    ※発送は8/27以降を予定しています。

  • 脳を活性化する古典音読セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    脳を活性化する古典音読セット

    8,000円(税込)

    定価合計8,910円 ⇒ 特別価格8,000円(10%オフ)
  • 免疫力アップ! コロナに負けるなセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    免疫力アップ! コロナに負けるなセット

    4,400円(税込)

    定価合計4,950円 ⇒ 特別価格4,400円(11%オフ)
  • 難局突破の知恵とひらめきを授ける 渋沢栄一の訓えセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    難局突破の知恵とひらめきを授ける 渋沢栄一の訓えセット

    7,100円(税込)

    定価合計7,920円 ⇒ 特別価格7,100円(10%オフ)
  • 不屈の偉人・二宮尊徳の高弟が遺した 二大名著セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    不屈の偉人・二宮尊徳の高弟が遺した 二大名著セット

    5,500円(税込)

    定価合計6,160円 ⇒ 特別価格5,500円(10%オフ)
  • 運命をひらく安岡正篤人間学講座 三部作セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    運命をひらく安岡正篤人間学講座 三部作セット

    4,900円(税込)

    定価合計5,500円 ⇒ 特別価格4,900円(11%オフ)
  • おうち時間で脳力UP! 速音読セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    おうち時間で脳力UP! 速音読セット

    3,700円(税込)

    定価合計4,180円 ⇒ 特別価格3,700円(11%オフ)
  • 母親力を高める 人間学セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    母親力を高める 人間学セット

    3,500円(税込)

    定価合計3,938円 ⇒ 特別価格3,500円(11%オフ)
  • 父親力を高める人間学セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    父親力を高める人間学セット

    4,000円(税込)

    定価合計4,510円 ⇒ 特別価格4,000円(11%オフ)
  • 勇気と希望が湧いてくる感動の10話 心に響く小さな5つの物語1&2セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    勇気と希望が湧いてくる感動の10話 心に響く小さな5つの物語1&2セット

    1,900円(税込)

    定価合計2,094円 ⇒ 特別価格1,900円(10%オフ)
  • 人間力を高める小さな人生論&修養論 シリーズ10巻セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    人間力を高める小さな人生論&修養論 シリーズ10巻セット

    10,600円(税込)

    定価合計11,880円 ⇒ 特別価格10,600円(10%オフ)
  • 見識と胆力を養う安岡正篤活学選集(全10巻)
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    見識と胆力を養う安岡正篤活学選集(全10巻)

    16,400円(税込)

    定価合計18,260円 ⇒ 特別価格16,400円(10%オフ)
  • 令和のいまこそ読んでおきたい 日本の名著7選
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    令和のいまこそ読んでおきたい 日本の名著7選

    9,900円(税込)

    定価合計11,000円 ⇒ 特別価格9,900円(10%オフ)

    商品


    ①『学問のすすめ』
    「天は人の上に人を造らず」で始まる明治初期の大ベストセラー。
    単なる立身出世論ではなく、政府のあり方や社会制度、組織論や人格論、働き方、
    人付き合いのコツなど、現代にも通じる興味深いテーマが、17編にまとめられています。
    140年もの間読み継がれてきた名著の醍醐味が十分堪能できます。

    ②『武士道』
    1900年に米国で刊行され、世界的ベストセラーとなった『武士道』。
    本書は武士道の源流から、誠や忠義などの徳目、切腹や仇討ちまで事細かに記しています。
    ポーツマスで日露戦争の調停役を引き受けた
    米国大統領セオドア・ルーズベルトも『武士道』を読んで日本への認識を改めたといい、
    本書が近代日本に与えた恩恵は計り知れないのではないでしょうか。
    日本人ならば、ぜひ一読していただきたいのが『武士道』です。


    ③『西郷南洲遺訓』
    明治維新の立役者、西郷隆盛、その号を南洲。
    維新後、西郷の至誠や武士道を重んじる態度に感銘した庄内藩の藩主や
    藩士70名余りが鹿児島に赴き、3か月にわたって滞在しました。
    その言行を後にまとめたのが『西郷南洲遺訓』です。
    リーダーとしての心構えに始まり、自己を修めること、英雄の心構え、
    さらには愛犬「ツン」と狩りに行き、温泉を楽しんだ日常生活まで、多岐にわたります。


    ④『代表的日本人』
    海外との交流が盛んになってきた19世紀末、キリスト教指導者内村鑑三が
    「日本人にもこんな人物がいる」と世界に伝えようと英語で書いたのが本書。
    その日本人の代表として取り上げたのは西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の5人です。
    維新の立役者、藩主、農民、儒学者、僧侶と、その人選のバランスに著者の慧眼を感じます。
    その5人の生い立ちから時代の中で果たした役割、私生活までが過不足なく語られます。


    ⑤『五輪書』
    0数戦して不敗という伝説をもつ剣豪宮本武蔵。
    「二天一流」と命名した二刀流の「兵法指南書」として、晩年に渾身の思いを込めて書いたのが『五輪書』です。
    『五輪書』は国内だけでなく、1970年代にはアメリカでベストセラーになり、
    その後、数か国語に翻訳され、海外でも広く読み継がれてきました。
    武士としての心構え、鍛錬法、発想の仕方、相手の心理の読み方といったことが細かく書かれています。
    そこに書かれた侍の生き方は現代の戦士にも通じる、ビジネスの書であり、人生指南の書でもあるといえるでしょう。

    ⑥『論語と算盤(上)』
    ⑦『論語と算盤(下)』
    生涯に500以上もの会社に関わり、資本主義の父といわれる渋沢栄一。
    豊富な実体験に基づき考察された、人間性の見極め方や勇猛心を養う方法、
    どうすれば人格を磨けるのか、一生かけて歩む道をどう決めるか、などの記述には強い説得力があります。
    また随所から渋沢の凄まじいまでのバイタリティが伝わり、
    自らを発憤させる啓発書としても読むことができるでしょう。
    企業の倫理観が問われる現代にこそ読まれるべき一書だと言えるかもしれません。
  • 芳村思風 感性論哲学シリーズ三部作セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    芳村思風 感性論哲学シリーズ三部作セット

    6,200円(税込)

    定価合計6,930円 ⇒ 特別価格6,200円(10%オフ)

    人間の進化の実現を目的に、理性を中心とした近代の人間観を批判し、
    感性を人間の本質とする考え方を提唱するのが、著者が確立した感性論哲学です。

    『人間の境涯』の境涯とは、その人の人格がどの程度まで成長しているかを
    表すものであり、本書の中ではその成長が段階的に示されています。
    また、その境涯を究めるためには人格を磨く努力を行う必要がありますが、その実践論が『人間の格』。

    さらに『人間観の覚醒』では「何のために生きるのか」という根源的な問いが発せられ、
    まったく新しい感性的な生き方が展開されていきます。

    経営者を中心に、全国から引きも切らず講演が依頼される著者の
    思想のエッセンスが凝縮されています。

  • 行徳哲男×芳村思風 魂に火をつける感奮語録セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    行徳哲男×芳村思風 魂に火をつける感奮語録セット

    8,900円(税込)

    定価合計9,900円 ⇒ 特別価格8,900円(10%オフ)

    商品内容


    ①『いまこそ、感性は力』
    月刊誌『致知』2010年10月号「経営者よ、野生のエネルギーを取り戻せ」に登場した
    行徳哲男氏(日本BE研究所所長)、芳村思風氏(思風庵哲学研究所所長)の対談が1冊の本にまとめられた。
    本書で語られているのは「感性の力」の必要性。
    理性が「考え方」であるのに対し、感性とは「感じる力」「感じさせる力」を指すといいます。
    感性型リーダーへの手引書であり、新たな時代を切り開くために必要な一書。

    ②『感奮語録』
    著者である行徳哲男氏は、米国の行動科学と感受性訓練を東洋の禅と融合した哲学的訓練を創始した人物。
    「感性=紛れもない私」を取り戻す研修「BE研修」を30年以上にわたって行っています。
    その間の受講者数は実に1万8000人以上。
    ゴルファーの青木功氏、テニスプレーヤーの松岡修造氏なども、その言葉に触れ、スランプから脱出、
    大舞台で大活躍するなど、行徳氏が彼らの精神的支柱となったことが知られています。
    語録に収録されたこうした言葉の一つひとつが、
    私たちに生きる意味を問いかけると同時に生きる勇気と希望を与えてくれることでしょう。

    ■芳村思風「感性論哲学シリーズ三部作」
    ③『人間の格』

    ④『人間の格』

    ⑤『人間観の覚醒』

    人間の進化の実現を目的に、理性を中心とした近代の人間観を批判し、
    感性を人間の本質とする考え方を提唱するのが、著者が確立した感性論哲学です。
    『人間の境涯』の境涯とは、その人の人格がどの程度まで成長しているかを
    表すものであり、本書の中ではその成長が段階的に示されています。
    また、その境涯を究めるためには人格を磨く努力を行う必要がありますが、その実践論が『人間の格』。
    さらに『人間観の覚醒』では「何のために生きるのか」という根源的な問いが発せられ、
    まったく新しい感性的な生き方が展開されていきます。
    経営者を中心に、全国から引きも切らず講演が依頼される著者の
    思想のエッセンスが凝縮されています。
  • 二宮尊徳の教え 完全版セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    二宮尊徳の教え 完全版セット

    9,617円(税込)

    『二宮翁夜話』
    江戸時代、徹底した合理主義と類い稀な行動力で
    荒廃した六百余村を再建し、代表的日本人の一人と称えられる二宮尊徳。
    その教えは、渋沢栄一や松下幸之助、土光敏夫、豊田佐吉といった
    大事業家たちにも多大な影響を与えてきました。

    その尊徳の身辺で四年間暮らした門人・福住正兄が
    翁の言行をまとめた不朽の名著『二宮翁夜話』が、
    報徳記念館初代館長・佐々井典比古氏の
    読みやすい現代語訳となって甦りました。

    本書は、「無財から発財する勤倹の法則」
    「幸福を永遠にする推譲の法則」など、
    人々の心田を耕し、人生を繁栄に導くための心得を
    10の法則に分けて詳述。

    広く知られる、水車やたらいの水、積小為大などの説話はもちろん、
    「悪民を退けて良民を育てる方法」「貧乏神・疫病神の住所」
    「小事を飾るな」など、具体的な示唆が多数為されています。

    門人たちとの問答の中には翁の笑い声まで再現され、
    翁の息遣いまで聞こえてくるような感覚を覚えるほどです。

    人として正しく生きるとは、そしてそれをどうすれば実践できるのか――。
    普遍の真理をやさしく示してくれる一書です。

    『二宮先生語録』
    二宮尊徳四大門弟の一人として、七年にわたり師に随身した斎藤高行が、
    晩年を迎えた尊徳の言行をつど記録して生まれた語録集『二宮先生語録』。

    「『二宮翁夜話』にまさるとも劣らない内容を有する語録」と称されながらも
    長らく絶版となり、加えてすべてが漢文で記されていたために
    世に広まることがなかった幻の名著が分かりやすい現代語訳となって甦りました。

    本書は、尊徳が遺した四百七十一の語録を五つの巻に分けて詳述。
    「読書は縦糸、実践は横糸」「指導者は己に克って分を譲れ」
    「世のために尽くせばおのずから衣食あり」「わが道は実行にある」など、
    『論語』や『中庸』、『大学』などの言葉を引用しながら、
    上に立つ者の心得や政治のあるべき姿のみに留まらず、
    万人が幸せに生きるための心構えがやさしく解かれています。

    日本人が立ち返るべき先人の訓えが鏤められた本書は、
    かつてない不安と混沌の時代を迎えたいまこそ、各人の貴重な指針となってくれることでしょう。

    『超訳 報徳記』
    薪を背負った姿で子供たちに親孝行と勤勉の大切さを説く二宮尊徳。
    六百余の寒村を立て直した業績や教えは、伝記『報徳記』を通して世に広まり、
    渋沢栄一や松下幸之助といった経営者にも影響を与えました。

    本書はそんな『報徳記』から重複した記述や
    現代に合わない箇所を削除し話の流れを整理した“超訳本”です。
    積小為大の理を悟ったという「捨苗から籾一俵を収穫した逸話」をはじめ、
    信賞必罰の工夫、再建の四つ柱「至誠」「勤労」「分度」「推譲」の実践などが克明に描かれる本書。
    江戸末期同様、経済や人心の復興が叫ばれる現代にも有効な教えが満載です。

    「尊徳のことをまるで知らない人が日本にあつたら、日本人の恥だと思ふ」
    武者小路実篤がこう評したかつての“代表的日本人”の生き方が、
    現代に日本人にとっての指標となることを願ってやみません。

    『二宮尊徳一日一言』
    戦前は修身の授業や、学校に置かれた銅像などで二宮尊徳の功績は広く知られていたが、
    現在ではその機会がほとんどない。

    尊徳は「人は人道によって生く 人道なければ人間なし」と説く。
    自然の法則を「天道」、これを正しく認識した上で人力を尽くすことを「人道」と呼んだ。
    田んぼが荒れるのは「天道」、毎日耕し、荒らさないようにするのが「人道」である。

    尊徳が書物からの学問より、実学を重視したから生まれた思想である。
    かつて森信三師は
    「この尊徳翁という巨人は、日本民族の生んだ最大の思想家にして実践者であります」
    との言葉を残した。
    本書は森師より教えを受けた編者が、崇敬する尊徳の言葉と行動をまとめたもの。

  • 明治日本を形づくった精神に学ぶセット
  • 強運と勝運をつくるセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    強運と勝運をつくるセット

    8,250円(税込)

    ご好評につき現在増刷中!
    ※発送は8/27以降を予定しています。
    ※増刷中のため、他の商品と一緒にお求めできません。
     個別にご購入ください。


    『易経』は、どんなときもめぐりめぐって
    変化していくということを説く、処世の智慧に満ちた実用書です。
    目まぐるしく変化する時代で、
    いま何をなすべきなのかを判断するためのヒントに満ちた『易経』は、
    読む人の運命を高めてくれることでしょう。

    ビジネスで、人生で、家庭内で生かすことのできる
    不変の智慧が詰まったセットです。

  • 社員教育採用数NO.1『プロの条件』10冊セット
  • 致知出版社社員も毎朝朝礼で素読する『大学を素読する』10冊セット
  • 15万人の仕事観を劇的に変えた仕事論『何のために働くのか』10冊セット
1 ~ 30 件目を表示しています。(全61件)
並べ替え