小説やらまいか 豊田佐吉傳(下)
本

小説やらまいか 豊田佐吉傳(下)

北路透

1,870円(税込)

数量:

内容紹介

上巻はこちら!


蒸気で動く織機を日本で初めて発明した
トヨタグループの創始者・豊田佐吉(とよだ さきち)。
世界一の自動織機をつくり、わが国の産業近代化に貢献した佐吉の精神は、
現在のトヨタグループに脈々と受け継がれています。

本書は郷土・名古屋を愛する歴史経済小説作家の著者が調査研究に十年、
原稿執筆に四年の歳月を費やし、書き上げた渾身の評伝小説。
佐吉は母親が苦労して機織りをする姿を見て、織機づくりを志します。
周囲の理解を得られぬ中、悪戦苦闘の末に動力(蒸気)で
動く織機の発明に、日本で初めて成功した佐吉。
それは機織りを近代的な工業に飛躍させる画期的な発明でもありました。

しかいその後も、工場の経営悪化、英国製織機との品質テストで完敗、
連鎖倒産の危機、二度の脳卒中……など、次々と困難が佐吉に襲い掛かります。

それらの難局を突破する原動力となったのは、
「やらまいか」(遠州弁で「やってやろう」の意)の精神。
「一生涯を捧げたなら、できないことはない」と、
難事業に勇猛果敢に挑んだ佐吉の気概に
大きな勇気を感じていただけることでしょう。

また、佐吉の精神を生涯にわたり支え続けた、母親という存在の偉大さを感じさせられる一書です。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています