親子で読み継ぐ万葉集
本

親子で読み継ぐ万葉集

小柳左門、白駒妃登美・共著/竹中俊裕・画

1,760円(税込)

数量:

内容紹介

初めて『万葉集』」に触れる方のために、
感動的で、かつ親しみやすい歌を五十首選び、
分かりやすい解説を加えた入門書です。

一首ごとに見開きで構成、大きな文字で、
それぞれに情景の思い浮かぶ
美しいイラストが添えられています。

『万葉集』をこよなく愛する二人の著者による、
語りかけるような文章が特長で、
歌に込められた思いやその背景などが
生き生きと語られています。

「石走る垂水の上の早蕨の萌えいづる春に
なりにけるかも」志貴皇子

(しぶきをあげて、勢いよく流れ落ちる滝のほとりに、
 早緑色の若い蕨が萌え出てきたよ、
 そんな春になったことだなあ)

「春過ぎて夏来るらし白妙の衣ほしたり
天の香具山」持統天皇

(春が過ぎて、もう夏がやって来たらしい。
 ほら、真っ白い衣が干してあるよ、
 神聖な天の香具山に)

声に出して読んでみれば、歌の意味は分からずとも、
自然を慈しむ気持ちが芽生え、
人に対する思いやりの心が育まれていくことでしょう。

親から子へと次世代に読み継がれてほしいという
願いを込めて作られた『万葉集』のベストセレクション。
その歌に力や慰めをもらう日がきっとあることでしょう。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています