人間繁盛の法則
本

人間繁盛の法則

井本全海

1,650円(税込)

256ページ 縦サイズ20cm

978-4884749910

数量:

「人間繁盛」へと導く9つの法則

内容紹介

「人間繁盛」とは「生き生きわくわく輝いている魅力的な人のこと」を指す、勝光寺住職・井本全海氏の造語である。
経営者であると同時に母親が開山した勝光寺の僧としての顔を持つ氏だが、かつて仕事の上で大きな挫折に見舞われどん底を味わう。
そこから一念発起し、書物を読み、師に学び、高野山で修行に打ち込んだという。
経営者、宗教家として激動の半世紀もがき苦しみながら掴み取った「人間繁盛の法則」は、空理空論に流されることなく、地に足のついた人間味溢れる人間学の書としてまとめられている。
特筆すべきは、人間の本質を「動物性」に置くという独自の視点を軸に、その対をなす「人間性」をいかに高めるかを、自らの体験を交えて解き明かしている点だ。
著者のいう「人間貧乏」が多く見受けられる昨今、本書が人生の応援歌となってくれればという切なる思いが伝わってくる。

<目次>
序章 人間繁盛学の誕生
第一章 摩訶不思議の人間を知る
第二章 命に感謝する
第三章 「動物性」と「人間性」に分ける
第四章 動物脳が人間脳を支配している
第五章 潜在能力を活用する
第六章 貯金型の人間になる
第七章 「無財の九施」の活用
第八章 生きた人間から生きた人間学を学ぶ
第九章 「商売繁昌」は「人間繁盛」から
第十章 「振り子の法則」の活用
第十一章 人生の集大成は「人間立派」
エピローグ 「やればできる」