商品一覧

18 件中 1 件から 18 件を表示しています。
並べ替え
  • 【CD】『論語』『易経』に学ぶ大人への道(全6講)
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【CD】『論語』『易経』に学ぶ大人への道(全6講)

    伊與田 覺

    32,400円(税込)

    ご生前10年間にわたり開講した
    古典活学講座「伊與田塾」より
    平成21年に開催した講座を厳選し、
    このたび先生のお誕生日(6月15日)に合わせ
    発刊させていただきました。

    【このCDの3大ポイント】
    ①会場一体となった、臨場感あふれる素読
     (素読用『仮名論語』も冊子に収録)
    ②先生が出征時に携え、人格を陶冶された2大古典『論語』と『易経』を解説
    ③90余年にわたる研鑽と豊かな経験を踏まえた明快かつ魅力あふれるご講話


    【収録内容・全6巻】

    ◎第1講(CD3枚組)
    「人間学とは何か」リーダーが学ぶべき人となる道

    ◎第2講(CD3枚)
    『論語』に学ぶ人生訓―仁の教え

    ◎第3講(CD3枚組)
    『論語』に学ぶリーダーとしての心得

    ◎第4講(CD3枚組)
    天命を知る活学・易の基本

    ◎第5講(CD3枚組)
    現代人が生かすべき易の名言①

    ◎第6講(CD3枚組)
    現代人が生かすべき易の名言②


    ●伊與田覺先生とは――
    大正5年高知県に生まれる。
    学生時代から安岡正篤氏に師事。
    昭和15年青少年の学塾・有源舎発足。
    21年太平思想研究所を設立。
    28年大学生の精神道場有源学院を創立。
    32年関西師友協会設立に参与し理事・事務局長に就任。
    その教学道場として44年には財団法人成人教学研修所の設立に携わり、常務理事、所長に就任。
    62年論語普及会を設立し、学監として論語精神の昂揚に尽力する。
    著書に『「人に長たる者」の人間学』『「大学」を素読する』他多数、
    【DVD】『「大学」に学ぶ大人への道』(いずれも致知出版社)などがある。


    ※このCDは平成21年6月~12月に開催した
    第4回伊與田塾「人物を修める人間学」全6講を収録したものです。
  • 【CD】「安岡教学」に学ぶ 全4巻
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【CD】「安岡教学」に学ぶ 全4巻

    安岡正泰,荒井桂,牛尾治朗,伊與田覺

    19,440円(税込)

    このCDは、致知出版社主催の『第3回「安岡教学」に学ぶ一日セミナー』及び『第4回「安岡教学」に学ぶ一日セミナー』(それぞれ平成22年7月24日、平成23年11月26日に開催)での講演を収録したものです。

    収録内容

    碩学・安岡正篤氏の謦咳に触れた4氏が、不易の人間学を語り継ぎます。
    ◆安岡正篤(やすおか・まさひろ)氏 略歴
    明治31(1898)年、大阪府生まれ。東京大学法学部卒業。
    「東洋思想研究所」「金鶏学院」「国維会」
    「日本農士学校」「篤農協会」等を設立。
    また、戦後は「全国師友協会」「新日本協議会」等をつくり、政財界の精神的支柱として多くの敬仰者を持った。
    全国師友協会会長、松下政経塾相談役を歴任。昭和58(1983)年12月逝去。

    講師紹介


    ◆第1巻 父に学んだ論語の心

    講師:安岡正泰
    公益財団法人 郷学研修所 安岡正篤記念館理事長

    CD-1
    1.天変地異・人妖の時代
    2.父と子
    3.父のことば
    CD-2
    1.仕事と活学
    2.人物を育てる
    3.先祖の縁を知る

    収録時間:87:38(CD2枚組)

    --------------- --------------- --------------- ---------------
    ◆第2巻 安岡教学の淵源─ その不易なるゆえんを尋ねて

    講師: 荒井桂
    公益財団法人 郷学研修所 安岡正篤記念館副理事長兼所長

    CD-1
    1.事上磨錬・修己治人の学
    2.安岡教学の淵源
      (1)昭和という時代
      (2)昭和を一貫する安岡教学
      (3)安岡教学の不易性・普遍性①
    CD-2
      (3)安岡教学の不易性・普遍性②
      (4)安岡教学の基盤
      (5)和魂漢才(洋才)の系譜

    収録時間:90:25(CD2枚組)

    --------------- --------------- --------------- ---------------
    ◆第3巻 リーダーの帝王学─ 祖父・父子三代の師

    講師: 牛尾治朗
    ウシオ電機会長

    CD-1
    1.人物を創る
    2.自立と自律の時代
    3.知識から見識、胆識ヘ
    4.俗望を捨て、雅望に生きる

    収録時間:63:12(CD1枚)

    --------------- --------------- --------------- ---------------
    ◆第4巻 安岡先生から学んだもの

    講師:伊與田覺
    論語普及会学監

    CD-1
    1.道縁は不思議なり
    2.『論語』との出逢い
    3.安岡正篤先生との出逢い
    CD-2
    1.安岡正篤先生からの手紙
    2.道縁は無窮なり
    3.生ある限り、師の求めた道を歩む

    収録時間:95:42(CD2枚組)

    ※この商品は、4巻セットでの販売となり、分売不可
  • 【CD】人生を導く古典 全3巻セット
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【CD】人生を導く古典 全3巻セット

    伊與田覺,竹村亞希子,安岡定子

    19,440円(税込)

    数千年前から読み継がれる東洋古典
    『論語』・『易経』・『大学』には、
    時代を超えて人々に受け継がれる
    不変の真理が刻まれています。

    この3篇をやさしく・わかりやすく学ぶために
    平成25年に開かれた講演会が、
    致知出版社主催「古典に学ぶ一日セミナー」 です。

    会場風景

    本CDでは、人類の叡智の結晶ともいえる古典を現代に生かし、
    二度とない人生を輝かせて生きる秘訣を、
    古典教育の第一人者にやさしく紐解いていただきます。

    人気講師のお三方が、それぞれ『論語』・『易経』・『大学』の
    エッセンスの中のエッセンスを凝縮して語られた本CDを、ぜひお聴きください。

    ≪収録内容≫

    【CD】人生を導く古典 全3巻セット

    (1)
    『大学』に学ぶ ─ 大人となるための心得(CD2枚)
    伊與田先生
     講師:論語普及会学監 伊與田覺

    (2)
    『易経』に学ぶ ─ 人生に生かす天地の法則(CD1枚)

     講師:易経研究家 竹村亞希子

    (3)
     『論語』に学ぶ   ─ 子供に語り継ぎたい人物を創る言葉(CD1枚)
    安岡定子先生
     講師:安岡活学塾銀座・寺子屋こども論語塾専任講師 安岡定子


    ※このCDは、平成25年3月16日に開催された致知出版社主催
    「古典に学ぶ一日セミナー」 です。の講演を収録したものです。

  • 『孝経』を素読する
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    『孝経』を素読する

    伊與田覺

    1,620円(税込)

    「身体髪膚、之を父母に受く、敢えて毀傷せざるは、孝の始めなり」
     この有名な章句をはじめ、2,000年以上読み継がれてきた不朽のベストセラー『孝経』。個人の修養はもちろん、組織や国家を発展させる知恵までが詰まった人間学の極意書です。
     この書物を御年百一になる著者が筆書した渾身の一作。一文字一文字丁寧に筆写されたページに接すると、自ずと背筋が伸びることでしょう。B5判で全漢字に読み仮名が振ってあり、素読用に最適のテキストです。また現代語訳も分かりやすく、意味を理解しながら読み進めると一層深い味わいがあります。
     著者は言います。
    「古典を学ぶ上に於て大切なことは素読です。素読は天命に通ずる先覚の書を、自分の目と口と耳とそして皮膚を同時に働かせて呼吸するのです」
    一人で読むも、親子で読むも、皆で読むもまた楽し。姉妹本『「大学」を素読する』と合わせてご愛用ください。
  • 【DVD】『大学』に学ぶ大人への道 
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【DVD】『大学』に学ぶ大人への道 

    伊與田覺(論語普及会学監)

    6,264円(税込)

    95歳完熟の古典講義、ここに極まる!
    このDVDは平成23年1月29日に開催された新春特別講演会「人間力を高める」における伊與田覺氏の講演を収録したものです。
  • 百歳の論語
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    百歳の論語

    伊與田 覺

    1,728円(税込)

    『論語』とともに歩んで90余年――。
    本書は昨年百歳を迎えた著者が行った連続講義を書籍化したものですが、
    三時間という長丁場を、びしっと背筋を伸ばして講演されるお姿は健在。
    受講生の経営者たちは身を乗り出すようにして話に聴き入ります。
    本書では、恩師・安岡正篤師とのご縁をはじめ、道縁に導かれた氏の歩みを回顧しつつ、
    心に響いた『論語』の名句などを多数収録。
    『論語』には道徳の基本がすべて詰まっていると氏が述べるように、
    人間の道の根本となるもの、本学と末学の違いなど、氏の言葉には、
    人物となるための要諦が凝縮されています。
    命ある限り、日に新た、日々に新たに精進し、
    一貫した道のりの末に、最も完熟した品格を備えて息を引き取りたい――。
    90余年もの間、倦まず弛まず日々『論語』を素読する著者。
    いまなお精進を続ける氏の気概に触れ、修養のよすがとしていただきたい一冊です。
  • 愛蔵版「仮名論語」
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    愛蔵版「仮名論語」

    伊與田覺

    5,400円(税込)

    戦後日本の世相の混迷、道義の頽廃を憂えた著者が、
    論語精神の普及によって、
    日本人本来の心を呼び覚ますことが急務であると
    『仮名論語』を浄書したのは三十年前のことである。

    氏が「数千年の星霜風雪に堪えて変わらない生命の書、
    日本人の聖書(バイブル)」と呼ぶ『論語』を、
    誰もが気楽に素読できるよう、全文を読み下し、全仮名を付記。

    深みのある直筆の文字は香を焚き、
    一字一字に祈りを込めながら刻まれていったという。

    以来、同書は多くの共鳴を得て草の根的に頒布を続けてきた。

    その愛蔵版となる本書は、氏が本年百歳を
    迎えたことを記念して刊行された。

    初心者の手引きともなるよう人名索引を設け、
    語句索引を大幅に追加。

    小中学校での活用も考え、現代語訳を見直した他、
    大きな字で読みやすくしたことも特筆したい。

    氏は言う。

    「自分の目で見て自分の口より発し、
    自分の耳で聞く素読は、自分の皮膚からも吸収して止まず、
    それを続けていると自然と風韻を発するような人格になれる」。

    豪華特製箱がついた、まさに永久保存版の価値ある一書。
    贈り物としてもお勧めしたい。

    >>『愛蔵版「仮名論語」』の特設ページはこちら

    目次

    学而第一
    為政第二
    八?第三
    里仁第四
    公冶長第五
    雍也第六
    述而第七
    泰伯第八
    子罕第九
    郷党第十
    先進第十一
    顔淵第十二
    子路第十三
    憲問第十四
    衛霊公第十五
    季氏第十六
    陽貨第十七
    微子第十八
    子張第十九
    堯曰第二十
  • 男の風格をつくる論語
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    男の風格をつくる論語

    伊與田覺

    1,944円(税込)

    「7歳から99歳に至るまで、
    米の飯や味噌汁と同じく日々『論語』に親しんで
    倦むことありませんでした」という伊輿田覺氏が、
    昨年行った『論語』のセミナーをベースに、
    一冊にまとめたのが本書である。

    実に92年、毎日『論語』とともにあった氏の話は、
    孔子と弟子たちとの交流を語れば、
    2500年前の孔子がすぐ身近な人物のように動き出す。

    同じ語り口で、氏と関わりのある
    孔子の子孫たちとの深交も語られる。

    もちろん章句の説明もあるが、
    『論語』を我が血と肉にしてきた氏の口を通った言葉は、
    たとえ短い言葉の説明であっても深く、重く心に沁みこんでくる。

    2015年、伊輿田氏は百歳を迎える。
    その氏が「生ある限り、一日一日、
    少しずつでも人間的に成長するように歩んでいきたい」と語る。

    まさに、四十、五十は洟垂れ小僧、
    まだまだ勉強を続けなくてはならないとの思いが強くなる一冊である。


    目次

    第一講 孔子の人間的魅力をつくったもの
    第二講 孔子の心を伝える者たち ――顔淵と曾子
    第三講 情理によって結ばれた師弟の絆
    第四講 窮地に立ってわかる人間の真価
    第五講 孔子の求めたものを求める
  • 人はいかにして大成するか
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    人はいかにして大成するか

    伊與田覺 

    1,728円(税込)

     安岡正篤師の高弟で、七歳から九十九歳の現在まで『論語』に学び続ける伊與田覺氏。昨年行われた「『神道』と『中庸』」のセミナーを元に人物修養の道を説いたのが本書である。
     終戦時に日本の再興を願って「神洲不滅」の碑を建立した氏。日本人の精神性を築き上げた神道とは、「神道指令」によって失われた美徳とは何だったのか。また、『中庸』は神道の教えといかに深く関係しているか。我われ日本民族の原点を知る貴重な手がかりともなるだろう。
    「年を取るほど立派になり、息を引き取るときに、最も優れた品格を備える。そういう人生でありたいものです」
    その言葉どおり『論語』に学び、孔子の生き方を範として、いまなお道を究めんとする氏の歩みから、真の大人たるための秘訣を掴み取っていただきたい。
    巻頭には伊與田氏揮毫による「当下一念」の付録が挿まれ、一見の価値がある。


    目次


    序 章 年を取ること、悟るということ
    第一章 神道の心と日本人――日本を壊した神道指令
    第二章 神社をつくる――天の道、神の仕事
    第三章 終戦日本の一断章――私と『論語』と神州不滅の碑
    第四章 五十にして大飛躍を遂げた孔子――ゼロを知り、天命を知る
    第五章 曾子と子思――孔子の精神を伝えた弟子と孫
    第六章 至誠を貫けば神の心に通じる――『中庸』と神道をつなぐもの
  • いかにして人物となるか
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    いかにして人物となるか

    伊與田覺

    1,944円(税込)

    弊社主催の第7回古典活学講座が1冊の本にまとめられた。
    テーマは「いかにして人物となるか」。
    読者を深遠なる古典の世界に誘うのは、安岡正篤師の高弟にして、7歳から『論語』に学び続ける伊與田覺氏、御年97(当時)。
    講義でみせる、その凛とした立ち居振る舞いは圧巻で、氏から漂う風格は講義内容にえも言われぬ深みと広がりを与えてくれている。
    本講で取り上げられるのは儒教の祖である孔子、『伝習録』を著した王陽明、そして近江聖人と謳われる中江藤樹の3哲だ。
    氏が長年敬愛してやまない人物だけに、その語り口から浮かび上がる3哲の生き方に自然と親しみを覚える。
    吾づくりのために、人知れず静々と学び続けてきた氏の源流ともいえる孔子、王陽明、中江藤樹の生き方に、自らの生き方を重ね合わせようとする時、人間学探究への新たなる道が拓けるだろう。

    <目次>
    第一講 いかにして人物となるか
    第二講 孔子、王陽明、中江藤樹の目指したもの
    第三講 孔子が説いた人間学
    第四講 王陽明の生き方に学ぶ
    第五講 中江藤樹の求めたもの
    第六講 総括
  • 大人のための「論語」入門
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    大人のための「論語」入門

    荒井桂,伊與田覺

    1,512円(税込)

    安岡正篤師の高弟である伊與田覺氏と、長年安岡教学に私淑し、傾倒してきた荒井桂氏が『論語』をテーマに行った対談を1冊にまとめたものである。
    『論語』との出合いに始まり、素読のすすめ、『論語』が教える人生訓など全編にわたって尽きることない『論語』の魅力が語られている。
    96歳(当時)の伊與田氏は『論語』と出合って90年、77歳(当時)の荒井氏は50余年になるという二人の言葉を味読するほど、その知識と理解の深さに心打たれ、頭が下がる。
    それはそのまま二人の碩学を捉えて離さない『論語』の奥深さでもあるのだろう。
    『論語』には子供にも理解できる言葉が多い。
    しかし、その境地によって、読み取り方に深浅がある。
    二人はやさしい言葉でそれぞれの解釈を語っているが、読む人の人生体験いかんによって心に響く言葉も違ったものになるだろう。
    まさに大人のための『論語』入門である。

    <目次>
    プロローグ 『論語』と出会う
    一 素読は人間を賢くする
    二 『論語』と日本人
    三 語り尽くせない『論語』の魅力
    四 『論語』が教える人生訓
    エピローグ 孔子が求めたものを求め続ける
  • 「中庸」に学ぶ
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    「中庸」に学ぶ

    伊與田覺

    1,944円(税込)

    『中庸』は孔子の孫である子思によってまとめられた書物である。
    『論語』『大学』『孟子』とともに「四書」の一つに数えられ、
    儒教の本筋を学ぶことができるテキストとして、
    特に中国宋代の儒学者である朱子によって重要視されてきた。

    本書では安岡正篤師の高弟である著者が、
    『中庸』の中でも特にポイントとなる章を抽出。
    『中庸』を読むと「声なき声が聞こえ、形なき形が見えるようになり、
    ものの真価が分かるようになる」といわれるが、その真髄を丁寧に解説される。

    「『自分はどのような性(特質、個性、使命)を天から与えられているか』
     これを知り、自覚することが、実は人が生きていくうえで、
     とても大切なことなのです」

    人間としてあるべき道を説く古典の中の古典といわれる
    『中庸』を学ぶには貴重な一書である。
    96歳(当時)の古典の鉄人が語る貴重な講演録をじっくりと味わいたい。

    目次


    第1講 天の道を学ぶ
    第2講 誠を貫く
    第3講 至誠をもって生きる
    第4講 君子の道を知る
  • 安岡正篤先生からの手紙
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    安岡正篤先生からの手紙

    伊與田覺

    1,944円(税込)

    著者が安岡正篤師に出会ったのは昭和10年。
    年齢は数えで20歳、安岡師は38歳の時だった。
    以来、安岡師が亡くなられるまでの48年間、二人の師弟関係は続いた。

    その間、著者が安岡師より受け取った手紙は実に200余通。
    私信ということもあり、師が弟子だけに見せた姿が浮かび上がる。

    本書は、その貴重な手紙の中から15通を厳選。
    当時の時代背景とともに手紙の内容を解説する。
    安岡師が日本の敗戦を予言したとされる「極秘の手紙」や、
    「終戦の詔勅」の刪修に関するエピソードなども収録。
    加えて、安岡師の流麗な筆跡を伝える手紙や未公開写真も掲載される。

    特に本書では公職追放されていた時代の手紙も公開。
    不遇の時代の書簡には、安岡師の深い憂いと弟子に託した
    特別な思いが濃密に吐露されている。

    師は弟子に何を伝えたのか。
    ここにも安岡正篤人間学の一端が垣間見られる。

    目次


    第1章 安岡正篤先生との出会い
    第2章 太平思想研究所の設立と安岡先生の追放時代
    第3章 有源学院と関西師友協会
    第4章 成人教学研修所の創立
    エピローグ 安岡正篤先生と歩んだ道
  • 「孝経」人生をひらく心得
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    「孝経」人生をひらく心得

    伊與田覺

    1,944円(税込)

    親子間でも悲しい事件が頻発する昨今、
    国の未来に一抹の不安がよぎる。
    戦後60余年の間に、縦の繋がりを大切にする「孝」の精神が
    日本人の中から薄らいでしまったことに、
    その一因を見出せる。

    歴史を紐解くと、「孝」の精神は『論語』でも重きをなし、
    普遍的な価値を有してきた。
    その「孝」を主題とした中国古典『孝経』は、
    孔子と門弟曾子の問答を記した書といわれる。

    本書は、平安時代から長きにわたり
    日本人に読まれてきた『孝経』全18章を、
    安岡正篤師の高弟である著者が、
    懇切丁寧に様々なエピソードを交えながら語った
    講演をまとめたもの。
    巻末には素読に活用できる『孝経』全文も掲載している。

    親孝行の大切さのみならず、
    組織や国を発展させる智恵が詰まった『孝経』の教えこそ、
    縦軸が切れ、拠り所をなくしている現代人に必要なものといえる。

    あるべき「孝」の精神を再び世に問う、貴重な1冊である。

    目次


    第一講 忘れられてしまった「孝」の精神
    第二講 立場に応じた「孝」のあり方
    第三講 「孝道」によって国を治める
    第四講 世の中の乱れは親不孝から始まる
    第五講 親が死しても続く孝の道
    第六講 『論語』の中の「孝」を読む
  • 己を修め人を治める道
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    己を修め人を治める道

    伊與田覺

    1,944円(税込)

    中国古典「四書五経」の一つである『大学』は、
    古来、優れた人物になるための必読書であり、
    「大人」になるための心得が説かれている。

    本書は、その『大学』について解説した講話録。
    安岡正篤師の高弟にして、80余年も古典を学び続けた著者の
    言葉によって、古の教えが身近に感じられるようになる。

    「『大学』の内容は、自己自身をますます修めていくとともに、
    他にも良い影響を及ぼすことができるように
    学んでいくことであって、いわゆる『修己治人の学』を
    大学というのです」

    『致知』は『大学』にある「格物致知」に由来しているので、
    読者の皆さまにもぜひ読んでいただきたい1冊。
    また、全文掲載された『大学』の読み下し文は、
    素読に活用できる。

    目次


    第一講 人間の本を養う――『大学』を学ぶ意義
     本を読むとは自分の意見を持つこと
     人間学と時務学 
     大学とは「修己治人の学」
     天地を結ぶ「天」というもの
     孔子の生涯 
     人生百歳時代の生き方
     素読のすすめ
    第二講 大人の学ーー『大学』三綱領の意味するもの
     孔子の教えをひたすら実践した曾子
     中江藤樹や二宮尊徳を感奮させた『大学』
     明徳を曇らせる我・私
     道徳と経済は一致する
     天から直接学んでいた松下幸之助
    第三講 知行合一ーー自己を正すための八条目
     仁とは「二人の間に通じる心」
     「知る」と「行う」は一つ
     心の内は感情となって外に現れる
     実践の段階をしめす八条目
     教育勅語に込められた『大学』の教え
    第四講 「親しむ」ことからすべてが生じる
     古典を引用して根拠を示す
     維新と革命
     「親」から「新」が生まれる
     「親しむ」という心情が本になる
     人としてわきまえるべき基準を学ぶ
    第五講 「良知」という鏡で心を照らす
     一度会うと忘れられない人
     「慎独」は立派な人間になる基本となる
     人間の四耐
     立派な人を見て我が行いを顧みる
     見えない心を見る良心という鏡
    第六講 徳は本なり、財は末なり
     「徳」と「財」の意味するところ
     一隅を照らす
     人の上に立つべき人物の条件
     物を得る大道にある二原則
     利の本は義にある
  • 「論語」一日一言
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    「論語」一日一言

    伊與田覺(監修)

    1,234円(税込)

    『論語』は孔子とその主だった弟子の言行や問答を集めた語録で、
    20篇、約500章から成り立っている。

    本書はその中から366の言葉を選び出した、
    致知出版社の「一日一言シリーズ」の7作目。

    本書の特徴としては、
    ①一日に書き下し文と訳文が併載され、
    孔子と弟子たちとのやりとりが分かりやすくまとまっていること、
    ②書き下し文には総ルビが振られており、素読の際にも便利であること、
    ③短い文章に区切ることにより、通読していては掴めない、
    凝縮された孔子の教えを学ぶことができるようになっていること、
    などが挙げられる。

    『論語』は読む年齢や環境により、受け取り方が変わるという。
    手元に置いて、事あるごとに読み返していただきたい一冊だ。
  • 『大学』を素読する
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    『大学』を素読する

    伊與田覺

    1,728円(税込)



    大人になるための学、それが『大学』である。
    体が大きい人とか、成年に達した人のことではない。
    徳の高い立派な人を大人というのである。

    『大学』は、中江藤樹が聖賢の道を志すきっかけになった書であり、
    二宮尊徳が薪を背負いながら読み続けた書でもある。

    本書は著者が『大学』を素読用に墨書したもの。
    満91歳を迎えたとは思えない凜とした筆跡に、
    古典を学び続けて80年以上の深甚なる人格が感じられる。

    著者は言う
    「読書百遍で繰り返し繰り返し続けることによって、
     自ら自分の血となり肉となるのです」
    と。

    修身、斉家、治国、平天下
    ――根本は素読によって、古典の叡智を体に染み込ませ、
    己を正しくすること。

    著者朗唱の付属CDが素読実践の助けとなる。
  • 「人に長たる者」の人間学
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    「人に長たる者」の人間学

    伊與田覺

    10,584円(税込)

    ※在庫僅少のため7月30日以降の発送となります。


    特設ページはこちら
    そもそも人間学とは何か?

    ものには本末がある。
    人間の場合、本は徳性で、末は知能と技能である。

    その各々を修得することが、本学と末学で、
    本学を人間学と呼び、末学を時務学と呼ぶ。

    人間学には、小学(修己修身の学)、大学(修己治人の学)、中学(調和・創造の学)の三学があり、
    それぞれに『小学』『大学』『中庸』のテキストがある。
    そして三学を網羅した書物こそ『論語』なのである。

    本書は『論語』『小学』『大学』『中庸』の神髄を、
    安岡正篤師の高弟、“古典活学の第一人者”(当時90歳)が著した書。

    「人間は経験と学問がうまく調和されたときに本当の信念となって、
     人にも自信をもって説くことができると思う」
    との著者の言葉にまさに千鈞の重みが感じられる。

    目次

    第一講  成人と人間学―物をつくる前に人をつくる
    第二講  小人の学―『小学』を読む
    第三講  大人の学―『大学』を読む
    第四講  人間の天命―五十にして天命を知る
    第五講  人間の真価―君子固より窮す
    第六講  恥と日本人―己を行うに恥あり
    第七講  弘毅と重遠―士は以て弘毅ならざるべからず
    第八講  君子とは何か―君子はその能無きを病う
    第九講  道理のままに生きる―死生命あり、富貴天にあり
    第十講  中庸の道を往く―中和を致して、天地位し、万物育す
    第十一講 孤独と不安―人知らずして慍みず、亦君子ならずや
    第十二講 『論語』と現代―『論語』を活かして生きる
18 件中 1 件から 18 件を表示しています。
並べ替え