坂村真民シリーズ

4 件中 1 件から 4 件を表示しています。
並べ替え
  • かなしみを あたためあって あるいてゆこう
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    かなしみを あたためあって あるいてゆこう

    西澤孝一

    1,404円(税込)

    第一章 貧しくとも心はつねに高貴であれ
    第二章 小さな花でもいい、自分の花を咲かせよう
    第三章 幸せの原点は家族のささやかな幸せにある
    第四章 一寸先は闇ではなく、光であることを知ろう
    第五章 自分を厳しく鍛え、生涯かけて磨き続ける
  • 一道を行く
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    一道を行く

    藤尾秀昭(編)

    1,337円(税込)

    「念ずれば花ひらく」や「二度とない人生だから」など、
    多くの日本人の心に宿す魂の詩を残して逝った詩人・坂村真民氏。

    生前最後の著作となった『坂村真民一日一言』(致知出版社刊)は、
    身を削るようにして創作に励んだ詩人によって
    紡ぎ出された詩の集大成とも言える。

    「創造する人間は絶えず危機の中に
    身を置いていなければならない」と、
    厳しく自らを律して目指したものは、
    人々の心に光を灯す詩を書くことの一点にあった。

    今年は、その真民氏の生誕100周年にあたる。
    本書は、『致知』2004年2月号、
    特集「一道を行く 坂村真民の世界」に加筆、訂正をして
    まとめたものであり、記念となる1冊である。

    生前、ゆかりのあった方々によって語られているのは、
    真民氏の足跡のみならず、その凄まじいまでの信念であり、
    母を想う一人の詩人の後ろ姿でもある。
    また、真民詩、墨書や写真も数多く掲載されており、
    様々な観点から、1世の詩人の求道の人生が浮き彫りとなる。

    詩人・坂村真民を偲びつつ、
    その生き様と詩から多くを汲み取っていただきたい。

    目次


    一道を行く――藤尾秀昭
    「念」に生きる――坂村真民インタビュー
    一念一徹の詩人の生き方に学ぶ――鍵山秀三郎/寺田一清
     坂村真民小伝記――片山克
    一握の灰となりて輝く――森信三
    「どう生き、どう死ぬのか」求道の詩人の追求したもの――松原泰道/石川洋
  • 坂村真民一日一言
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    坂村真民一日一言

    坂村真民

    1,234円(税込)

    今日、凶悪な殺人事件や相次ぐ自殺などに象徴されるように、「命」を敬う意識が低くなっている。
    私たちは奇跡の中の奇跡としか呼べないほどの確率で、いま、ここに存在しているのに、そのことに感謝できない社会は恐ろしい。
    著者・坂村真民さんは仏教精神を基調とし、詩作に打ち込んでこられた。
    その代表的な言葉に「念ずれば花ひらく」がある。
    とかく現代人は結果だけを追い求め、慌ただしい日々の中で、「思い・念・祈り」といったものを忘れてはいないだろうか。
    本書は「命を生ききること」を真剣に、切実に問う。
    1年366日の言葉としてまとめられた詩と文章の中に、それぞれの人生で口ずさみたくなるような言葉が溢れている。
  • 詩人の颯声を聴く
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    詩人の颯声を聴く

    坂村真民

    1,404円(税込)

    「念ずれば花ひらく」
    このわずか8文字の短い一句から
    どんなに大勢の人々が力づけられ
    また生きる勇気を与えられてきたことであろうか。

    この言葉は、すべて人生の重荷を負う人々の
    共通の祈りの言葉となったとさえいえるかもしれない。

    平成12年1月に満91歳の誕生日を迎えた著者は、
    「大宇宙大和楽」そして「念ずれば花ひらく」の2つの言葉を世に残そうとして、
    詩作の道を一念に歩み続けた仏教詩人でもあった。

    毎月自ら手作りで発行する個人詩誌『詩国』を
    全国1200名の読者に送り続けているのは、
    一遍上人の「南無阿弥陀仏決定往生60万人」の大願を
    引き継ごうと始めたものだという。

    「宗教家には一瞬にして開眼し、開悟し、回心する人がいて、
     そういう生き方を強調賛美しますが、
     私はそういうタイプや信仰は好みません。
     苦労に苦労を重ねた揚げ句達したものがいいです」
    と語るこの詩人は、自らも後者のタイプであるに違いない。

    本書は、著者が月刊『致知』のインタビューに答えて語ったものを一冊にまとめたもの。
    颯声とは、風のさっと吹く音をいう。
    その音を宇宙の声として聴こう、と著者は呼びかける。
    秋風のように透き通った心で「大宇宙大和楽」のこだまに耳を傾けたい。

    目次

    念ずれば花ひらく
    創造する者は
    一念一行
    おこたらずつとめよ
4 件中 1 件から 4 件を表示しています。
並べ替え