1 ~ 30 件目を表示しています。(全393件)
並べ替え
  • 佐久間象山に学ぶ大転換期の生き方
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    佐久間象山に学ぶ大転換期の生き方

    田口佳史

    2,200円(税込) [会員割引価格:1,980円 ]

    ・この商品は1月30日以降の発送となります。
    ・他の商品とあわせてご購入いただくことができません。
     個別にご購入ください。


    AI時代の到来や第四次産業革命が迫るいま、
    幕末維新期に匹敵する危機が
    わが国に襲来しつつあるーー。

    約2,000社の経営幹部が心酔する
    カリスマ講師であり、東洋思想研究家の
    田口佳史氏はそう警鐘を鳴らします。

    そんな大転換期を迎えんとするいま、
    氏が魂を込めて描いたのは佐久間象山。
    西郷隆盛や吉田松陰、勝海舟など
    幕末の志士がこぞって師と仰いだ
    「明治新国家の構想係」です。
    産業革命や近代科学技術の権威であり、
    指導者であった象山は、日本初となる
    大砲やガラス製品の開発に成功。

    藩主に「海防八策」を提唱するなど、
    その生涯をかけて日本の科学技術立国を
    目指しました。

    現に、象山が提唱したことはその死後、
    明治期においてすべて実現され、
    まさに日本の近代化になくてはならない
    存在であったことが窺えます。

    「象山の狂気ともいうべき努力、
    普通一年かかるところを二か月で
    習得していくなど尋常ならざる行動があって、
    初めて日本の夜明けがある」
    と田口氏。

    国家・政治体制に言及した同時期の英傑を描いた
    『横井小楠の人と思想』も併読することで、
    いまわれわれの為すべきこと、
    国家の進むべき道が見えてくるでしょう。

    296ページに及ぶ大著。
    読み応え抜群の一冊です。

    目次


    第一章 いま何故佐久間象山か

    第二章 佐久間象山の一生

    1.前半生・如何に基礎をつくったか
    2.後半生・時代の要請に応える

    第三章 佐久間象山に学ぶ

    その一 柔らかい頭脳と豊かな想像力を持て
    その二 時代と事件の根本を掴め
    その三 自分の強みはトコトン活かせ
    その四 相手の強みで相手を倒せ
    その五 転換期の要注意点はここだ

  • 開運 #年中行事はじめました
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    開運 #年中行事はじめました

    井垣利英

    1,540円(税込) [会員割引価格:1,386円 ]

    ・この商品は1月30日以降の発送となります。
    ・他の商品とあわせてご購入いただくことができません。
     個別にご購入ください。


    堅苦しい、面倒臭そう……
    と思われがちな年中行事。
    ひな祭りには七段飾りを、
    鯉のぼりは大空を泳ぐ大きなものを。
    そう考えているうちに、何もせず過ごして
    しまう人がほとんどではないのでしょうか。

    マナー講師としてメディアでも活躍する
    井垣利英さんは、そんなに大事に考える
    必要はないといいます。
    ひな祭りには二色のガラス玉などを女雛と男雛に
    見立ててペアで飾ってみる。
    鯉のぼりは、鯉のぼりの絵が描かれた手拭いや
    風呂敷などを部屋に飾ってみる。
    そんな工夫をするだけで日常生活にも
    彩りが出てくるといいます。

    本書は、日本人に馴染みが深いはずの年中行事を
    もっと気軽に楽しみ、幸せに過ごすための
    ヒントが満載の一冊。
    お正月に門松を飾る理由、節分の鬼を追い払う2つの魔除け、
    始業式が4月8日に始まる理由、盆踊りにこめられた2つの意味……
    などなど、知れば「へーっ、そうだったんだ!」と
    誰かに話したくなったり、心がポッと温かくなったりします。

    「年中行事を学んでから街の景色が輝いて見えるようになった」
    「見えるものが変わってきた」とは、
    実践した人の多くが口にする言葉。
    本書でいいなと思ったことを一つでもやってみて、
    ぜひその楽しさや喜びを実感してみてください。

    知らないと恥をかいてしまう年賀状の書き方や、
    お墓参りのやり方とマナーなども詳しく紹介されていて、
    社会人として知っておきたい教養を
    身につけることもできます。

    こんな内容が載っています


    ・年賀状に「元旦」と書いたら恥をかくことがある
    ・新しい年には何が「おめでたい」のか
    ・鬼を追い払う2つの魔除け
    ・ひな人形はもともと立っていた
    ・お墓参りのやり方とマナー
    ・始業式が4月8日に始まる理由
    ・「水無月」を6月に食べる理由
    ・「七」はおめでたい吉祥の数字
    ・室内での七夕のかざりつけ
    ・ナスとキュウリの乗り物で行き来するご先祖様
    ・盆踊りを踊るためのマナー
    ・菊は不老長寿の薬だった
    ・「九」は最高におめでたい数字
    ・菊は日本でいちばん愛されてきたお花
    ・大人になってこそ味わえる七五三の幸福
    ・千歳飴はなぜ長いのか
    ・冬至は運が上向きに転じる日
    ・ゆず湯は1年最後の厄払い
    ・”ん”がつく食べ物には、運がいっぱい
    ・大晦日に年越しそばを食べるワケ

    <巻末付録>年中行事カレンダー

  • 強運をつくる干支の知恵[増補版]
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    強運をつくる干支の知恵[増補版]

    北尾吉孝

    1,650円(税込) [会員割引価格:1,485円 ]

    総従業員数7,000人を誇る インターネット総合金融グループを率いる SBIホールディングス代表取締役社長・ 北尾吉孝氏による時流の読み方。

    総従業員数約7,000人を誇る インターネット金融グループを率いる北尾吉孝氏は、 2000年から毎年、同グループの年賀式で、 干支学をもとに今年の年相について講話をしてきました。

    「干支」と聞くと、占いと混同されがちですが、 干支学は古代から何千年にも及ぶ知恵が 集積されてきたもので、歴史的・経験的・実証的な意義が深く、 歴史上の事実に徴しても普遍的妥当性が 見出せることが分かるといいます。

    本書では、干支の由来、十干十二支の意味などを 分かりやすく説いた上で、 過去18年間(2002年~2019年)に 発表してきた干支の年相と、その年に起きた 主な出来事を併載。干支によっていかに時勢を読み、 ビジネスに、そして自分自身の人生に いかに生かしていけばよいかのヒントに満ちています。

    「我々はこの過去からの貴重な遺産である干支を活用し、 自分の運命や社運、国運といった組織体の運命を より良きものとしなければなりません」

    と北尾氏。

    予知学の一種ともいえる干支を、 未来に対する判断の拠りどころとして、 活かしていただければと思います。

    ※本書は2014年に弊社より刊行された 『強運をつくる干支の知恵』に一部、加筆等を行った、増補版です。

  • 一日一言5冊セット ~偉人篇~
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    一日一言5冊セット ~偉人篇~

    4,800円(税込)

    定価合計6,348円 ⇒ 特別価格4,800円(24%オフ)


    収録書籍


    ① 安岡正篤一日一言 安岡正泰・監修(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ② 吉田松陰一日一言 川口雅昭・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 坂村真民一日一言 坂村真民・著(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 森信三一日一語 寺田一清・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 平澤興一日一言 平澤興・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら


  • 一日一言5冊セット ~名著篇~
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    一日一言5冊セット ~名著篇~

    4,800円(税込)

    定価合計6,348円 ⇒ 特別価格4,800円(24%オフ)


    収録書籍


    ① 「論語」一日一言 伊與田覺・監修(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ② 四書五経一日一言 渡部昇一・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 「易経」一日一言 竹村亞希子・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 万葉集一日一首 花井しおり・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 「孟子」一日一言 川口雅昭・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら


  • 一日一言スペシャルセット 3660の金言
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    一日一言スペシャルセット 3660の金言

    9,000円(税込)

    定価合計12,696円 ⇒ 特別価格9,000円(29%オフ)


    古典の名著や、先哲の残した
    珠玉の金言366語を
    一日一言の形式で語録にまとめた
    弊社のベストセラーシリーズ「一日一言」。

    ただいま、『致知』愛読者限定で開催している
    特別割引フェア「大感謝祭」では、
    この「一日一言」をセットにした特別商品をつくりました。
    致知オンラインショップの限定企画です。

    数多く刊行されている一日一言シリーズの中でも
    特に人気の高い10冊を揃えた

    「一日一言スペシャルセット 3660の金言」

    お好きな一日一言から、毎朝一ページずつ開いて、
    今日を生きる活力を得ていただければと願っています。

    収録書籍


    ① 安岡正篤一日一言 安岡正泰・監修(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ② 吉田松陰一日一言 川口雅昭・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 坂村真民一日一言 坂村真民・著(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 森信三一日一語 寺田一清・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 平澤興一日一言 平澤興・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ⑥ 「論語」一日一言 伊與田覺・監修(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑦ 四書五経一日一言 渡部昇一・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑧ 「易経」一日一言 竹村亞希子・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑨ 万葉集一日一首 花井しおり・編(定価 1,257円)
      商品個別ページはこちら

    ⑩ 「孟子」一日一言 川口雅昭・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら


  • 祝2020年! 開運招福セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    祝2020年! 開運招福セット

    7,000円(税込)

    定価合計9,240円 ⇒ 特別価格7,000円(24%オフ)


    収録書籍


    ① 人生に生かす易経 竹村亞希子・監修(定価 1,760円)
      商品個別ページはこちら

    ② 生き方のセオリー 藤尾秀昭・編(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ③ ポケット万葉集 小柳左門・著(定価 1,430円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 強運をつくる干支の知恵 北尾吉孝・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤  親子で楽しむ百人一首 小柳左門(定価 3,080円)
      商品個別ページはこちら


  • 祝2020年! 無病息災セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    祝2020年! 無病息災セット

    5,900円(税込)

    定価合計7,810円 ⇒ 特別価格5,900円(24%オフ)


    病気をせず、元気でいつまでも健康に過ごしたい、
    というのは、誰しもが持つ願いでしょう。

    このたび、『致知』愛読者限定で開催している
    特別割引フェア「大感謝祭」では、
    そんな皆さまの願いを叶えてくれるための
    セットを新たにご用意しました。

    セット名は、

    「祝2020年!無病息災セット」

    寒い季節になるとお求めになる方が多くなる
    『体温を上げる料理教室』や、
    江戸時代から読み継がれる不朽の健康書『養生訓』など、
    毎日をイキイキ、元気に過ごせるための
    秘訣が詰まっています。

    ぜひ「無病息災セット」をお読みになって、
    2020年を健やかにお過ごしください。

    収録書籍


    ① 体温を上げる料理教室 若杉友子・著(定価 1,540円)
      商品個別ページはこちら

    ② 65歳から始める健康法 三浦雄一郎・編(定価 1,430円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 養生訓 貝原益軒・著、城島明彦・現代語訳(定価 1,980円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 楽しみながら日本人の教養が身につく速音読 花井しおり・編(定価 1,430円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読 和貝晴美・著(定価 1,430円)
      商品個別ページはこちら


  • 仕事と人生が発展する成功のセオリーセット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    仕事と人生が発展する成功のセオリーセット

    5,600円(税込)

    定価合計7,402円 ⇒ 特別価格5,600円(24%オフ)


    収録書籍


    ① 宇宙を味方にする方程式 小林正観・著(定価 1,572円)
      商品個別ページはこちら

    ② 人生の大則 藤尾秀昭・著(定価 1,210円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 活学新書「成功」と「失敗」の法則 稲盛和夫・著(定価 1,210円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 繁栄の法則 その二 北川八郎・著(定価 1,760円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 仕事の神様が”ひいき”したくなる人の法則 井垣利英・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら


  • 伊與田先生の直筆で味わう東洋古典の名著セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    伊與田先生の直筆で味わう東洋古典の名著セット

    6,700円(税込)

    定価合計8,910円 ⇒ 特別価格6,700円(24%オフ)


    収録書籍


    ① 『大學』を素読する 伊與田覺・著(定価 1,760円)
      商品個別ページはこちら

    ② 『孝経』を素読する 伊與田覺・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 愛蔵版「仮名論語」 伊與田覺・著(定価 5,500円)
      商品個別ページはこちら


  • 上司の教科書セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    上司の教科書セット

    5,700円(税込)

    定価合計7,590円 ⇒ 特別価格5,700円(24%オフ)


    収録書籍


    ① 佐藤一斎「重職心得箇条」を読む 安岡正篤・著(定価 880円)
      商品個別ページはこちら

    ② 松下幸之助に学んだ人生で大事なこと 上甲 晃・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ③ [新装版]貞観政要 谷沢永一・渡部昇一・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 上司と部下の教科書 新 将命・著(定価 1,760円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ ビジネスマンのための歴史失敗学講義 瀧澤 中・著(定価 1,980円)
      商品個別ページはこちら


  • 生きる勇気が湧いてくる坂村真民セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    生きる勇気が湧いてくる坂村真民セット

    4,000円(税込)

    定価合計5,280円 ⇒ 特別価格4,000円(24%オフ)


    「詩に生き詩に死す」と、97歳で亡くなる最晩年まで、
    一日も休むことなく詩業に命を燃やし続けた
    詩人・坂村真民氏。
    その生涯で遺した詩は1万篇以上にも及びます。

    このたび、『致知』愛読者限定で開催している
    特別割引フェア「大感謝祭」では、
    そんな真民の詩作品や生前の貴重なインタビューに触れられる

    「生きる勇気が湧いてくる坂村真民セット」

    をご用意しました。

    そのセット名のとおり、読むほどに
    生きる力が湧いてくることでしょう。

    収録書籍


    ① 詩人の颯声を聴く 坂村真民・著(定価 1,430円)
      商品個別ページはこちら

    ② 坂村真民 魂の講話 願いに生きる 坂村真民・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 坂村真民一日一詩 坂村真民・著、藤尾秀昭・編(定価 2,200円)
      商品個別ページはこちら


  • 坂村真民一日一詩
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    坂村真民一日一詩

    坂村真民・著/藤尾秀昭・編

    2,200円(税込) [会員割引価格:1,980円 ]



    「詩に生き詩に死す」と、
    97歳で亡くなる最晩年まで、
    一日も休むことなく詩業に命を燃やし続けた
    詩人・坂村真民氏。

    その生涯で遺した詩は1万篇以上にも及びます。

    このたび、その膨大な詩作の中から
    心に深く沁み入る366の名詩を精選。

    長年、真民詩に魅せられ、
    人生を歩む道標としてきた
    『致知』編集長の藤尾秀昭が
    渾身の力を込めて編纂に当たりました。

    「先生の魂の遍歴をも読み取っていただきたい」
    との思いから、詩は原則として年代順に
    構成されています。


    一すじに

    生きたる人の尊さ

    一すじに

    歩みたる人の美しさ

    われもまた

    一すじに

    生きん

    一すじに

    歩まん

    午前零時に起床し、
    自らを厳しく律しながら紡がれたその詩は、
    時に悲しみに寄り添い、
    時に弱くなった心を鼓舞し、
    生きる勇気を湧き立たせてくれるものばかりです。
    「人生に口ずさむ言葉を持て」と、
    生前、真民氏はよく言われました。
    一日一詩ずつ、声に出して読むことで、
    その言葉がより深く
    心に響いてくることでしょう。

    全424頁の豪華製本。

    座右に置き、繰り返し紐解いて
    いただければと願っています。

  • 令和のいまこそ学びたい日本の心セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    令和のいまこそ学びたい日本の心セット

    14,000円(税込)

    定価合計18,857円 ⇒ 特別価格14,000円(26%オフ)

    新天皇が御即位され、新たな元号に変わる
    特別な年となった2019年。
    新しい時代がスタートする今こそ、改めて日本のルーツについて
    学んでみるのはいかがでしょうか。
    日本の歴史を学び、先人たちの思いを
    知ることは、日本人としての誇りを
    深めることに繋がるでしょう。

    収録書籍


    ① ポケット万葉集 小柳左門・著(定価 1,430円)
     商品個別ページはこちら

    ② 日本のこころの教育 境野勝悟・著(定価 1,320円)
     商品個別ページはこちら

    ③ 万葉集一日一首 花井しおり・編(定価 1,257円)
     商品個別ページはこちら

    ④ 新釈古事記伝 阿部國治・著、栗山要・編(定価 13,200円)
     商品個別ページはこちら

    ⑤ はじめて読む人の「古事記」
     商品個別ページはこちら


  • 座右の古典セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    座右の古典セット

    23,000円(税込)

    定価合計30,815円 ⇒ 特別価格23,000円(25%オフ)

    いつか読んでみたいと思っていた化粧箱入りの豪華本。

    書棚に置いてあるだけでさらに素敵な
    書斎になることはもちろん、座右の書として
    繰り返し紐解くごとに、新たな学びを
    得られることでしょう。

    きっと一生の宝となるはずです。

    分厚い本でしか味わえない、分厚い手応えを
    ぜひあなたも体験してみてください。


    収録書籍


    ① 言志四録一日一言 渡邉五郎三郎・監修(定価 2,750円)
     商品個別ページはこちら

    ② 老子講義録 本田濟・著(定価 11,000円)
     商品個別ページはこちら

    ③ 孝経・大学・中庸新釈 塩谷温、諸橋轍次、宇野哲人・著(定価 6,285円)
     商品個別ページはこちら

    ④ 「人に長たる者」の人間学 伊與田覺・著 (定価 10,780円)
     商品個別ページはこちら


  • 安岡正篤活学選集
    本                 
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    安岡正篤活学選集

    安岡正篤

    14,000円(税込)

    定価合計18,260円 ⇒ 特別価格14,000円(22%オフ)

    『安岡正篤活学選集』特設ページはこちら
    ===============

    「安岡正篤先生の名前は知っていても、本はまだ読んだことがない」
    「著書が多く、どの本から読めばよいか分からない……」
    といったお声をよくお聞きすることがあります。

    このたび、致知出版社では、安岡教学の教えを
    後世へと伝えていくべく、
    若い世代にもこれだけはぜひ読んでいただきたいという
    代表的良書10巻を選ばせていただきました。

    人間学を一筋に探求してきた月刊『致知』の
    創刊40周年を記念して刊行された『安岡正篤活学選集』。

    ”人間学の宝典”とも呼べるこの選集を、
    ぜひ皆さまの座右に置き、
    繰り返し紐解いていただければと願っています。


    収録書籍


    第1巻『人物を修める』
    昭和52年、住友銀行の幹部の教養を高めるべく、安岡先生に懇請――
    10回にわたり行われた講座を一冊にまとめたもの。
    安岡教学の真髄が盛り込まれ、儒教、仏教、老荘思想を総ざらえしながら、
    人はいかに人物を修めたらよいかを説いている。

    第2巻『先哲講座』
    近畿鉄道株式会社の懇請に応じ、昭和41年以来14年にわたり
    幹部社員に対する講義を続けられたが、その中から6年分の内容を収録したもの。
    安岡先生の講義は「遊講」と呼ばれ、東西古今の先哲について、
    説き来たり、説き去って悠遊自適、大河の趣きがあったという。
    本書はその典型とも言える一書。

    第3巻『易と人生哲学』
    近畿日本鉄道株式会社の要請に応じ、
    その幹部教育の講師として講じられたもののうち、
    『易経』入門の手引きとして講じた講義録である。
    四書五経の経書の中でも、最も難解な書とされる『易経』を、
    安岡先生がその造詣を傾けて講義された貴重な記録。

    第4巻『呻吟語を読む』
    昭和46年に全国師友協会主催の照心講座において
    連続講義されたものの講録である。
    『呻吟語』は、明治の大儒・呂新吾先生の語録。
    全部で17章・1976条からなる浩瀚な大著だが、
    本書では、安岡先生がその中から現代人にとって
    最も適切と思われるものを抄出されて講義されたもの。

    第5巻『立命の書「陰しつ録」を読む』
    人生には、宿命、運命、立命がある。
    いかにして人生を立命となすか。
    その極意を説いたのが、「陰しつ録」にほかならない。
    陰しつ録を一貫しているものは、人間は、運命とか宿命というものを、
    自らの道徳的努力によって、立命に転換してゆくことができるという思想である。

    第6巻『経世瑣言<総篇>』
    『経世瑣言』は、わが国が最も困難に直し指導者層も苦慮を重ねた時代、
    いわば疾風怒涛の大激動期、昭和9年から19年の国難の時代において、
    安岡先生が指導者層のために執筆・論考した「時務論」時局観等の名論卓説を集録。
    『経世瑣言』は、時務論であるが、人間形成の人物論でもあり、
    安岡教学を代表する傑作ということができよう。

    第7巻『いかに生くべきか』
    昭和4年、32歳の若き安岡正篤先生の著。
    昭和2年、安岡先生は、東京小石川聖賢講学のための研究所・金鶏学院を
    開校されたが、この学院に学ぶ青年たちのために書かれた。
    和・漢・洋の古典と歴史に立脚した「活きた人物学」「実践的人間学」と
    一括される安岡教学を代表する名著といえよう。

    第8巻『青年の大成』
    昭和38年、日光の田母沢会館で開催された全国青年研修大会において、
    安岡正篤先生が4日間にわたって講義された内容を採録。
    安岡先生の主著が、浩瀚なものが多い中では、珍しく小品であるが、
    安岡教学の神髄が心を籠めてしかも平明に
    説き尽くされている名著ということができよう。

    第9巻『経世の書「呂氏春秋」を読む』
    『呂覧』は、『史記』では、『呂氏春秋』と名付け、
    春秋戦国時代の「諸子百家」の名言・卓論を集めた百科全書とも言うべき
    古典の代表的文献として知られている。
    本書は、安岡正篤先生が、経世の書『呂氏春秋』と読むと題して、
    その中から名言・卓論を選び出し、5回にわたって活学講話されたものを
    まとめたものである。


    第10巻『人間を磨く』
    全国師友協会の機関誌『師と友』の巻頭言として、
    安岡正篤先生が、古今東西の古典と歴史から集録した名言・卓説を引用し、
    永年にわたって綴られた珠玉のような文章を集め、再編集したもの。
    古今の金言が本書の素材となっており、繰り返し熟読頑味して、
    人生を味わい自己を深めていくよすがとしたい名著である。
    ※荒井桂氏の解説小冊子より一部抜粋



  • 森信三 幻の講話
    本                 
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    森信三 幻の講話

    森信三

    8,500円(税込)

    定価合計11,000円 ⇒ 特別価格8,500円(22%オフ)

    特設ページはこちら


    "国民教育の師父"と謳われた森信三先生による不朽の名著。
    森先生が70代で執筆された著作で、
    生徒を対象に講和(授業)を進めていく形式で、
    年代別に各30、全150講話が収録されています。

    『修身教授録』と並ぶ代表的著作といわれ、
    青少年への講話集でありながら、
    その内容は年代を問わず、



    「人間、いかに生きるべきか」



    の指針となるものばかり。
    本書刊行に至るまでには、幾多の困難があったといいます。
    昭和44年夏、先生は下稿の前半部を一気呵成に書き上げるも、
    その後、ご婦人の病死、ご長男の事業の蹉跌・急逝……など
    苦難や試練に次々と見舞われ、
    幾度も中断を余儀なくされたのです。
    完結までに5年の歳月を費やした本書は、
    森先生自らが「宿命の書」と名付けたほど、
    特別な思いを寄せられる作品といえるでしょう。


  • 二大哲人に学ぶ人間学の名著セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    二大哲人に学ぶ人間学の名著セット

    20,000円(税込)

    定価合計29,260円 ⇒ 特別価格20,000円(32%オフ)

    各界リーダーの指南役として謳われた安岡正篤師、
    国民教育の師父と仰がれた森信三師。

    二大哲人が説く珠玉の人間学に触れ、
    さらなる自分磨きのきっかけに。
    また、大切な方への一生の贈り物にもおすすめです。

    収録書籍


    ① 安岡正篤活学選集 安岡正篤・著(定価 18,260円)
     商品個別ページはこちら

    ② 森信三 幻の講話 森 信三・著(定価 11,.000円)
     商品個別ページはこちら


  • 致知読者必読!小さな人生論セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    致知読者必読!小さな人生論セット

    4,700円(税込)

    定価合計5,500円 ⇒ 特別価格4,700円(15%オフ)

    人間学を学ぶ月刊誌『致知』の巻頭コラムをまとめた
    『小さな人生論』シリーズが、愛蔵版5巻セットとして登場。

    収められた小さな人生論一つひとつが、
    人生を豊かに生きるための要諦を説いています。

    収録書籍



    【小さな人生論1】

    第一章  人生の道標
    第二章  己を尽す
    第三章  生を深める
    第四章  人物を磨く
    第五章  運命を創る
    第六章  小さな人生論

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    【小さな人生論2】

    第一章  自分を高める
    第二章  人生に残すもの
    第三章  何のために生きるのか
    第四章  命を伝承する
    第五章  人生の法則
    第六章  先哲の英知をくむ

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    【小さな人生論3】

    第一章  人生を開花する
    第二章  人間を導くもの
    第三章  自己を深める道
    第四章  修己治人への指標
    第五章  命を全うする
    第六章  人生の大則

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    【小さな人生論4】

    第一章  いのちを輝かす
    第二章  心を導くもの
    第三章  自分を創る道
    第四章  生き方の指針
    第五章  人間このすばらしきもの
    第六章  人生をひらく

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

    【小さな人生論5】

    第一章  人生に処する知恵
    第二章  一道をひらくもの
    第三章  一念を鍛える
    第四章  立命への道標
    第五章  先人の示す道
    第六章  長たる者の要諦



  • 致知読者必読!小さな修養論セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    致知読者必読!小さな修養論セット

    3,900円(税込)

    定価合計5,280円 ⇒ 特別価格3,900円(26%オフ)

    『致知』の特集テーマを概括する総リードを
    まとめて編集した『小さな修養論』シリーズを、
    最新刊まで合わせた4冊セットにしました。

    毎号、特集テーマを総括する意味で綴られる
    一文ではありますが、一冊の本として通読すると、
    いずれも真っ直ぐに一道を歩むことの大切さを語り、
    著者の思いが一貫することが感じられます。
    そしてその「思い」とはタイトルにもある「修養」の
    一言に尽きると言えるでしょう。

    修養――辞書に拠れば
    「知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成に努めること」
    とあります。
    本書では随所にその神髄が語られています。

    「日本人一人ひとりが修養の精神に目覚めるとき、
    またその精神を後から来る人たちにも伝えていくとき、
    日本はかつてのように旺盛な活力を必ず取り戻す、と信じています」
    『小さな修養論』第1巻にも寄せた著者の切なる思い――。
    全国の心ある同志へと届くことを願ってやみません。


    収録書籍


    ① 小さな修養論 藤尾秀昭・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ② 小さな修養論2 藤尾秀昭・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 小さな修養論3 藤尾秀昭・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 小さな修養論4 藤尾秀昭・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら



  • 贈り物人気No.1!5つの物語セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    贈り物人気No.1!5つの物語セット

    1,600円(税込)

    定価合計2,094円 ⇒ 特別価格1,600円(24%オフ)

    刊行以来、30万人が涙した15分で読める感動実話
    『心に響く小さな5つの物語』シリーズ。

    『心に響く小さな5つの物語』は、大リーガー・イチロー選手の
    原点ともいえる小学生時代の作文が紹介される
    第1話「夢を実現する」や、ネット上でも話題となった、
    ある少年と小学校担任教師との感動エピソード
    第5話「縁を生かす」など、それぞれの物語には、素晴らしい
    一生を送るためのヒントが凝縮されています。

    『心に響く小さな5つの物語Ⅱ』は、
    次々と難病に襲われた作家・三浦綾子氏、
    事業の失敗や度重なる落選を経験したリンカーン、
    戦争中に両足を切断せざるをえなかった禅師など、
    人生を恨みたくなるような状況から立ち上がっていった
    人間の生き方が描かれています。

    年齢・性別を問わず、あらゆる世代に
    感動を呼ぶシリーズです。


    収録書籍


    ① 心に響く小さな5つの物語 藤尾秀昭・文、片岡鶴太郎・画(定価 1,047円)
      商品個別ページはこちら

    ② 心に響く小さな5つの物語 藤尾秀昭・文、片岡鶴太郎・画(定価 1,047円)
      商品個別ページはこちら


  • 子供の力がグングン伸びる人間学入門セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    子供の力がグングン伸びる人間学入門セット

    3,500円(税込)

    定価合計4,730円 ⇒ 特別価格3,500円(26%オフ)


    お子様、お孫様の国語力&人間力を高める3冊。


    収録書籍


    ① 国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル 齋藤孝・監修(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら

    ② こどものための易経 竹村亞希子、都築佳つ良・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 齋藤孝のこくご教科書 小学1年生 齋藤孝・著(定価 1,760円)
      商品個別ページはこちら


  • これだけは読んでおきたい日本の名著人気5選
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    これだけは読んでおきたい日本の名著人気5選

    5,800円(税込)

    定価合計7,700円 ⇒ 特別価格5,800円(25%オフ)

    日本人なら誰しも一度は耳にしたことがある、不朽の名著であり、
    教養としてこれだけは身につけておきたい5冊を厳選したセット。

    『学問のすすめ』は慶應義塾大学の
    創設者・福沢諭吉の大ベストセラー。
    単なる立身出世論ではなく、政府のあり方や社会制度、
    組織論や人格論、働き方、人付き合いのコツなど、
    現代にも通じる興味深いテーマが、17編にまとめられています。

    ポーツマスで日露戦争の調停役を引き受けた
    米国大統領セオドア・ルーズベルトも『武士道』を読んで
    日本への認識を改めたという世界的ベストセラー『武士道』。
    武士道の源流から、誠や忠義などの徳目、切腹や仇討ちまで、
    日本人の精神の源流に迫ります。

    西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮――。
    海外との交流が盛んになってきた19世紀末、
    キリスト教指導者内村鑑三が「日本人にもこんな人物がいる」と
    世界に伝えようと英語で書いた『代表的日本人』。
    5人の生き方から「代表的日本人」として現代にも通じる
    日本人の原点を学ぶことができるでしょう。

    維新後、西郷の至誠や武士道を重んじる態度に感銘した
    庄内藩の藩主や藩士70名余りが鹿児島に赴いて
    3か月にわたって滞在し、その言行を後にまとめたという『西郷南洲遺訓』。
    リーダーとしての心構えに始まり、自己を修めること、
    英雄の心構え、さらには愛犬「ツン」と狩りに行き、
    温泉を楽しんだ日常まで、その内容は多岐にわたります。

    60数戦して不敗という伝説をもつ剣豪宮本武蔵。
    「二天一流」と命名した二刀流の「兵法指南書」として、
    晩年に渾身の思いを込めて書いたのがこの『五輪書』です。
    武士としての心構え、鍛錬法、発想の仕方、相手の心理の
    読み方などのサムタイの生き方は現代の戦士にも通じる、
    ビジネスの書であり、人生指南の書でもあるといえるでしょう。


    収録書籍


    ① 武士道 新渡戸稲造・著、夏川賀央・現代語訳(定価 1,540円)
      商品個別ページはこちら

    ② 学問のすすめ 福沢諭吉・著、奥野宜之・現代語訳(定価 1,540円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 西郷南洲遺訓 桑畑正樹・現代語訳(定価 1,540円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 代表的日本人 内村鑑三・著、齋藤慎子・現代語訳(定価 1,540円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 五輪書 宮本武蔵・著、城島明彦・現代語訳(定価 1,540円)
      商品個別ページはこちら


  • 渋沢栄一 人生と経営の神髄セット
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    渋沢栄一 人生と経営の神髄セット

    5,900円(税込)

    定価合計7,920円 ⇒ 特別価格5,900円(25%オフ)

    新紙幣でも話題の渋沢栄一。
    ビジネスと人生における普遍の成功法則が学べるセット。


    収録書籍


    ① 渋沢栄一 男の器量を磨く生き方 渡部昇一・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ② 渋沢栄一『論語と算盤』が教える人生繁栄の道 渡部昇一・著(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ③ 論語と算盤(上) 渋沢栄一・著、奥野宜之・現代語訳(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ④ 論語と算盤(下) 渋沢栄一・著、奥野宜之・現代語訳(定価 1,650円)
      商品個別ページはこちら

    ⑤ 活学新書 渋沢栄一 人生を創る言葉50 渋沢 健・著(定価 1,320円)
      商品個別ページはこちら



  • 【CD】人生を導く『十牛図』の教え
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【CD】人生を導く『十牛図』の教え

    横田南嶺 収録時間/約7時間

    25,700円(税込)

    禅書『十牛図』講義の最高峰が誕生
    定価28,600円のところ10%オフ!

    〝本当の自分〟に出逢うための

    10のステップを学ぶ


    【収録内容】

    第1講 『十牛図』序

    第2講 「尋牛」「見跡」

    第3講 「見牛」「得牛」「牧牛」

    第4講 「騎牛歸家」「忘牛存人」「人牛倶忘」

    第5講 「返本還源」「入?垂手」


    ※このCDは2018年11月~2019年3月に開催された
     致知出版社主催「横田南嶺塾」での講義を収録したものです。


  • 【CD】易経講座5
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【CD】易経講座5

    竹村亞希子 収録時間/約12時間40分

    27,700円(税込)

    最新刊のテーマは「陰の力で度量を磨く」
    定価30,800円のところ10%オフ!

    『易経』をもっと楽しく

    しかも深く学べる名講座


    【収録内容】

    第1講 易経とは 龍の成長段階を育てる立場から読む

    第2講 大地と牝馬に習う

    第3講 観る力と示す力「風地観」 進み方と止まり方「艮為山」

    第4講 人材・情報の汲み上げ方と管理「水風井」

    第5講 衰退した世に残された者の役割「山地剥」


    やさしく学べる

    易経講座シリーズ第5弾


    ※このCDは、平成30年7月~11月に開催された

     致知出版社主催「易経講座」での講演を収録したものです。


  • ビジネスマンのための歴史失敗学講義
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    ビジネスマンのための歴史失敗学講義

    瀧澤 中

    1,980円(税込) [会員割引価格:1,782円 ]



    徳川幕府、日本海軍、戦艦大和、織田信長、豊臣家……。
    本書は作家・政治史研究家として活躍する著者が
    歴史上の偉人や英雄、強大な組織やシステムがなぜ失敗し、
    崩壊していったのかを、これまでの歴史書とは
    異なる視点から分析し、講義形式で綴ったもの。

    上杉鷹山や徳川吉宗ら、名君の意外なつまずき。
    信長や長宗我部元親ら、名将たちはなぜ
    油断し判断を誤ったのか。
    大坂城やマジノ要塞などの完璧なはずの
    システムはなぜ崩壊したのか。
    日露戦争勝利に隠された失敗の種とは……。

    また「もしあなたが、ラスクマンが通商を
    求めてきた時の幕府の老中だったらどんな対策を
    取ろうと考えますか、通商を認める、認めない?」
    などの設問もあり歴史の当事者になったかのような
    気持ちで読み進めることができるでしょう。

    著者は「"失敗の標本"が歴史には満載であり、
    歴史の失敗は、学びの宝庫である」といいます。
    歴史上の人物たちが、なぜその時、
    そういう判断をしたのかという思考や
    方向性を探ることは、ビジネスの世界を
    生き抜く上でも有益な学びとなることでしょう。


    目次


    ◎第1講「組織」
    (徳川幕府、日本海軍、海軍航空隊、大日本帝国憲法、水戸藩)

    ◎第2講「指導者」
    (松平容保、上杉鷹山、徳川慶喜、近衛文麿、武田勝頼、井伊直弼、高橋是清)

    ◎第3講「重臣」
    (彭徳懐、劉少奇、林彪、周恩来、片桐且元)
    ◎第4講「勝利」
    (エルヴィン・ロンメル、本能寺の変、桶狭間合戦、
     日露戦争、長宗我部元親、マジノ要塞、戦艦「大和」、大坂城)

    ◎第5講「対外関係」
    (足利義昭、蒋介石、福島正則、汪兆銘、台湾外交)

    ◎第6講「経済」
    (真空管、元禄時代、徳川吉宗、田沼意次)

    ◎第7講 失敗を恐れるな
    (福島丹波、宮崎繁三郎、駆逐艦「涼月」、「島津の退き口」、
     海軍兵学校、二宮尊徳、福田赳夫)


  • 坂村真民箴言詩集 天を仰いで
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    坂村真民箴言詩集 天を仰いで

    坂村真民・著/西澤孝一・編

    1,430円(税込) [会員割引価格:1,287円 ]



    「坂村真民はわが国現存の詩人の中では、
    わたくしが一番尊敬している詩人である」。
    国民教育の師父・森信三師がそう評した
    仏教詩人・坂村真民氏。
    本書は、真民氏が自らを励まし、勇気づけるために
    綴った87篇の「箴言詩」を坂村真民記念館の館長である
    西澤孝一氏が精選し、収録したものです。

    40代の箴言詩、50代の箴言詩……と90代まで
    年代ごとに構成。
    97歳で亡くなる直前まで己に厳しく、
    詩業一筋に生きた姿が窺えます。
    各章の終わりには、最晩年まで半世紀以上に
    わたって書き続けた796冊にも及ぶ
    思索ノート(日記)の一部を併録。

    スランプ、体の不調、職場での人間関係、
    一人前の詩人となる覚悟……。
    その時々の悩みや葛藤を振り払うようにと、
    自分自身に刻んだ言葉が綴られています。

    「しんみんよ、決して後ろを向くな、
    前を向いて行くのだ。前を向いてゆくというのは、
    詩の一道を、まっしぐらに行くということだ」

    自らを励まし続けたその詩は読む人の心にも
    勇気を与え、生きる力を奮い立たせてくれることでしょう。


    目次


    第1章 人間として如何に生きるか
    ―40代の箴言詩(昭和26年~昭和33年―吉田、宇和島時代)

    第2章 詩人として生きる覚悟
    ―50代の箴言詩(昭和34年~昭和43年―宇和島、砥部時代)

    第3章 詩作一筋に生きる
    ―60代の箴言詩(昭和44年~昭和53年砥部時代)

    第4章 初心を忘れず詩作に励め
    ―70代の箴言詩(昭和54年~昭和63年―砥部時代)

    第5章 妻と二人で生きるために
    ―80代の箴言詩(平成元年~平成10年―砥部時代)

    第6章 すべてを捨てて独りに戻る
    ―90代の箴言詩(平成11年~平成18年―砥部時代)


  • 【CD】人生、逃げ場なし
    CD・DVD
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    【CD】人生、逃げ場なし

    石川 洋 収録時間/93分47秒

    5,500円(税込) [会員割引価格:4,400円 ]

    心を深く揺さぶる迫真の講話が、いま蘇る
    大感謝祭特別価格4,400円で販売中!


    【収録内容】
    ・人生は坂また坂 ― 人生には3つの坂がある
    ・我が人生の師、西田天香
    ・父が遺した言葉―道はすでに開かれている
    ・誠実に苦しむことが財産になる
    ・四人の子供を育てた母の思い出
    ・逃げれば逃げるほど人生は苦しくなる
    ・師を持つことで人間は磨かれる
    ・疲れた足は歩きながら直す
    ・大石順教尼から学んだこと
    ・すべてを捨てることで必ず光が見える


    【講師プロフィール】

    昭和5年栃木県生まれ。

    17歳の時、一燈園の創始者・西田天香師に出会い、

    入園を許され、無所得の奉仕者となる。

    平成10年に一燈園を離れ、市井の托鉢者として再出発。

    カンボジアでの難民救済活動など国内外で奉仕活動を行う。

    12年カンボジア政府より国家建設功労第一等勲章を受章。

    平成27年逝去。


    托鉢者として求道の人生を歩んだ石川氏――
    心を深く揺さぶる迫真の講話が、いま蘇る


    ※このCDは、平成13年に開催された

     「木鶏クラブ本部例会」の講演を収録したもので、

     先にカセットテープで販売したものと同じです。
    ※当時の録音状況により、若干聞き取りにくいところもございます。

  • 上司と部下の教科書
    本
    商品詳細へ 買い物かごに入れる

    上司と部下の教科書

    新将命

    1,760円(税込) [会員割引価格:1,584円 ]

    ジョンソン・エンド・ジョンソン、シェル石油
    日本コカ・コーラ、フィリップス等、
    6社ものグローバル・エクセレントカンパニーで
    陣頭指揮をとり、"伝説の外資トップ"の異名をとる著者。

    あのジャパネットたかた創業者の髙田明氏も、
    "経営のメンター"として慕う新氏が、
    新たな本のテーマとして選んだのは
    「上司と部下の教科書」です。

    「組織を動かす機動力の根源は人間関係である。
    その中で特筆すべき肝となるのが、上司と部下の関係である」
    という持論の元、豊富な現場経験を踏まえつつ、
    組織が成長・発展するための"上司と部下の付き合い方"を説きます。

    違ったタイプの部下をどう用いるか、
    ゆとり・さとり世代とどう付き合うか、
    ダメな上司の8カ条など、上司に向けた訓戒とともに、
    部下は上司のコンシェルジュであれ、
    いつの時代にあってもバッドニュースファースト!など
    上司に仕える部下として大切な心構えやスキルの磨き方が
    具体的に示されています。

    会社で働く人の大半は誰かの上司として、
    あるいは部下として存在しているはずです。
    どちらの立場から読んでもためになる、
    まさに上司と部下の教科書。
    ビジネスパーソンとしての視座を
    高めてくれる一書です。


    目次


    第1章 ビジネス人生道
       ーー上司という人生の宝、部下という人生の糧

    第2章 上司道
       ーー上司は部下を磨き、部下によって磨かれる

    第3章 部下道
       ーー上司の上司道 部下の部下道

    第4章 共勝ち道
       ーー上司と部下のウィンウィンが会社のウィンを呼ぶ


1 ~ 30 件目を表示しています。(全393件)
並べ替え