致知ブックレット 読書習慣が学力を決める
本

致知ブックレット 読書習慣が学力を決める

川島隆太・土屋秀宇

550円(税込)

数量:

内容紹介

長年にわたり独自の国語教育を実践してきた土屋秀宇氏と、
七万人の子供たちの学力データを調査し、
読書が脳に与える効果を実証してきた川嶋隆太氏。
本誌2019年9月号に掲載された両氏の記事は、
川嶋氏が土屋氏の教え子だったことから実現。
このたびブックレットとして刊行されることとなりました。

本書の中で特に驚くべきは、脳科学の見地から示される、
スマホが子供たちの脳に与える弊害です。
子供たちの学力とスマホの使用時間の関連性を調査し、
分かったという驚くべきデータとは?
一方、読書週間のある子供とそうでない子供に
顕著に表れるという激烈な学力の差も明かされます。
イメージする力や語彙力を育み、人生を発展させる
クリエイティビティをも高めていくという
読書習慣の効能は必見です。

また、脳の発達だけでなく
「思いやりや感謝、尊敬、利他心、抑制と
いったような特性が養われる」
と土屋氏は言います。

対談の最後には、両氏がいまの子供たちに
おすすめしたい、脳と心を育てる名著も紹介。
判型は、手渡しいただくのにも便利な小冊子サイズです。


この商品を買った人は、こんな商品も買っています