【予約】致知別冊「母」2024 母の力
本

【予約】致知別冊「母」2024 母の力

致知編集部・編

1,540円(税込)

B5判並製

978-4-8009-1308-1

数量:

内容紹介


特設ページはこちら


・この商品はご予約商品のため、6月末以降の発送となります。
・他の商品とあわせてご購入いただくことができません。
  個別にご購入ください。


シリーズ累計68,500部突破の『致知別冊「母」』。

情報過多の時代だからこそ、
子育てをするお母さんたちに、
いつの時代にも変わらない
人間学のエッセンスを届けたい――。

そんな想いで2019年に誕生した
『致知別冊「母」』は
今年で6冊目となります。

今号のテーマは「母の力」。

各界各分野の方々に「母の力」、
お母さんが持つ力の偉大さについて
お話しいただきました。

子育て中のお母さん、
これからお母さんになる女性はもろろん、
「母」を想うすべての人へ向け、
致知出版社が熱い想いを込めて
本書を送り出します――。

過去シリーズに届いた感動の声


「幼児期に一番大切なのは、
 子育てのノウハウや
 知識の詰め込みではなく
 子どもが愛情を感じられることだ、
 と改めて気づかせていただきました」

「私が別冊『母』から学んだことは
 人はどんな状況でも今あるものに
 感謝を見つけながら楽しく生きていけるんだ、
 という強さと優しさでした」

「いま、ここにいる、
 子育てをしていることが
 いかに奇跡的なことなのかを
 改めて考えさせられる内容でした」


今号の注目ラインナップ


◆対談◆

・「我が子を幸せな人生へ導くために」

我が子に幸せな人生を歩んでほしい──。
子育てに臨むお母さんの誰もが、
心の底からそう願っていることでしょう。
では、その願いを実現するためには、
日々どのように子どもと向き合ったらよいのでしょうか。

幸福学という新しい学問を提唱する前野隆司さん、
マドカさんご夫婦に、
卒業したばかりというお二人の子育てを
振り返っていただきながら、
我が子を幸せな人生へと導いていくための
心懸けについて語り合っていただきました。

・「母として語り継ぎたい日本のこころ」

三児の母でもある歌手の相川七瀬さんが今春、
國學院大學神道文化学部を首席で卒業されたことは
大きな話題となりました。

歌手として多忙を極める一方、
子育てや学業にも力を注いできた相川さん。
その一所懸命な姿は子育て中のお母さん方をはじめ、
多くの人たちに勇気と希望を与えるものがあります。

相川さんと親しく交流する“博多の歴女”こと
白駒妃登美さんに、神道や日本文化を探究し続ける
相川さんの思いやこれまでの人生、
子育て観などについてお聞ききいただきました。

◆一人称◆

・「悩んでいた母親が一瞬で救われた子育ての話
 平 光雄(社会教育家)

・「子育ての本質は〝親主導〟~子どもの問題行動にどう向き合うか~」
 「行動分析学」を基に30年以上にわたって
 子どもの問題行動を改善してきた
 専門行動療法士の奥田健次氏による教育論

・「『喜ばれる人になりなさい』母が授けてくれた言葉の贈り物」
 あのベストセラー作家・永松茂久氏が
 母親から授かった言葉の贈り物

……その他の記事は近日公開予定……

「致知別冊『母』2024 母の力」より
※書影・内容は変更になる可能性がございます